1: リチャード・バックマン ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★:2013/07/14(日) 22:05:36.01 ID:

ハリポタ作者、偽名で犯罪小説=無名の新人装う-英紙

 【ロンドン時事】

 世界的ベストセラーの児童文学「ハリー・ポッター」シリーズの作者J・K・ローリングさんが
偽名で犯罪小説を出版していたことが分かった。14日付の英紙サンデー・タイムズが報じた。

 この小説は元軍人の私立探偵を主人公とした「The Cuckoo’s Calling」。
ロバート・ガルブレイスという新人作家の作品として4月に出版され、批評家の間で好評を得ていた。 同紙は、なぜ無名の新人がこれほどしっかりしたデビュー作を書けたのかという疑問から調査していたという。

 ローリングさんは同紙に
「もう少し秘密にしておきたかった。ロバート・ガルブレイスであることはとても自由になれる経験だったから」とコメントしている。

 ローリングさんは2012年9月、初の大人向け小説として
「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」(邦題)を出版している。(2013/07/14-21:03)

時事ドットコム 
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013071400182

4: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:07:16.00 ID:

「偽名」ってなんか嫌だな。悪いことしてるわけじゃないんだから「変名」くらいにしてやればいいのに。
5: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:08:20.64 ID:

普通に別名でいいじゃん
10: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:09:59.91 ID:

ちゃんと評価してくれるんだな
すごすぎ
12: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:10:48.18 ID:

そんなことより日本語版の値段を何とかしろよ
63: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:40:59.87 ID:

>>12

ブックオフじゃ100円だもんな
13: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:11:27.26 ID:

まあ話題作りでしょ
15: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:12:51.64 ID:

スティーブンキングが別名義で書いていたようなものか。
16: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:13:08.48 ID:

KAGEROU臭
17: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:14:24.80 ID:

イギリスで話題作りといえば
海岸にスーツ姿で漂着したピアノマンっていたな
あいつ何だったの
23: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:15:53.91 ID:

>>17

ドイツの人
今は実家に帰って平穏に暮らしているらしい
20: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:14:26.99 ID:

ハリポタ次男が主人公の話かけよ
21: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:14:49.26 ID:

むしろそのまま出した方が評価されないだろうからな
22: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:15:25.98 ID:

まあ出版不況って日本だけの話じゃないからなぁ
24: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:16:06.65 ID:

変顔でいい
25: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:16:21.55 ID:

子ども向け文学で成功した人の悩みの一つだわな
26: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:16:36.31 ID:

「鷲は舞い降りた」を書いたジャック・ヒギンズが大好きなんだけど
この人も別名4個くらい使ってて
PC持ってない時代に情報集めるのに苦労した
27: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:17:27.79 ID:

えげつないお金持ってるんだからもう稼がなくていいだろうに...
でもそれだけ書きたい情熱がある人だからあれだけのお金を手に入れたんだよな
33: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:24:19.04 ID:

既に、江戸時代の平賀源内も複数のペンネームを持っていたから、普通にありふれたことだろう。
35: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:24:51.57 ID:

アガサ・クリスティーも別名で恋愛小説を書いてるもんな。
あまり面白くないけど。
38: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:27:47.45 ID:

売れ行きが悪すぎて、慌てて公表したんだろw
43: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:29:01.02 ID:

>>38

発表する前から売れてた
41: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:28:23.22 ID:

複数のPNを持っている人といえば、

色川武大
阿佐田哲也

目黒考二
北上次郎
藤代三郎

長嶋有
ブルボン小林

乙一
中田永一

グリコーゲンX
まっする日本
正月仮面
92: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:03:31.63 ID:

>>41

三島由紀夫
榊山保

見田宗介
真木悠介

赤瀬川原平
尾辻克彦

武藤敬司
グレート・ムタ
44: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:29:16.46 ID:

この人は一発屋?
47: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:30:23.77 ID:

>>44

その一発の収入が多すぎるだろ。
45: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:29:17.14 ID:

ってか もう何しても自由だし、だいたいの事ができるだけの金はあるだろ。
59: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:37:01.62 ID:

アマゾンで見たらハードカバーで464ページだって
こういう作家ってタイプジャンキーみたいな感じなのかな(そんな言葉があるか知らんが)
何でそんなに書きたい事があるの?バカなの?
62: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:39:54.73 ID:

>>59

スティーブン・キング先生に喧嘩売ってます?
60: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:39:06.58 ID:

回転の名前出せばもっと売れるだろうし、出版社側のリークかな
67: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:45:00.07 ID:

この人、文章下手だよね

でもハリーポッターは日本語訳がまともな日本語にすら
なってなかったから、原文の方がましだった
日本の義務教育をうけていてあれはありえん
国語の時間は全部居眠りしてたとしか思えない
81: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:55:12.62 ID:

>>67

英文(原書)は上手いよ。
日本語訳はひどい。
69: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:48:05.21 ID:

「ハリーポッターの作者が書いた新作」って言われるのが嫌だったんだろうな。
すべったらダメというプレッシャーもあるし。
71: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:49:46.67 ID:

うわぁあざといなあ
75: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:51:47.06 ID:

ハリポタって無駄に厚いんだよな、中身は薄い癖に。
76: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:51:54.19 ID:

この人が安易な同情で
あの出版社に日本のハリポタ本を独占販売させたのは大きな失敗だと思う
90: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:03:15.51 ID:

>>76

こんな長い児童書が売れるわけ無い!っていろんなところに断られてあの出版社しか出版してくれなかったって話を聞いたことあったんだけど違うのかw
83: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 22:56:37.14 ID:

ハリーポッターが面白いとも思えないんだけど、
俺がおかしいってことなんだろうな
86: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:00:03.57 ID:

>>83

子供の冒険が主体という感じの二巻まではまあ読めた

が、コネと贔屓と血統で左右される話ばかりだから
不愉快に感じるのは普通と思う
87: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:00:06.26 ID:

この作品が急に売れ出したら笑える
映画化も決定
89: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:02:14.95 ID:

鳥山明なんてドラゴンボール以降何書いてもコケてるよな。
所詮アラレちゃんとドラゴンボールだけの2発屋。
ハリポタの作者もそういうプレッシャーがあったんだろうな。
96: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:05:27.40 ID:

外人は韻を踏むとかアナグラムとか大好きだな
99: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:07:16.45 ID:

これ作家なら出来るだろうけど漫画家だと無理だよね
絵でバレちゃうから
105: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:12:22.58 ID:

> 同紙は、なぜ無名の新人がこれほどしっかりしたデビュー作を書けたのかという疑問から調査していたという。

なんか好評と言うのとは少し違うような。
新人にしては書き慣れているね、みたいな感じだな。
108: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:15:24.94 ID:

どんだけ印税欲しいんだよ
111: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:17:49.49 ID:

栗本温帯みたいにだけはならないでもらいたい
154: 名無しさん@恐縮です:2013/07/15(月) 00:15:38.04 ID:

>>111

ハリポタの終盤にその雰囲気を感じないでもなかったが…
112: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:18:54.36 ID:

出来が悪いと叩かれるからな。
とあるゲームで3か月連続TOP取ったら
不自由さを感じ、垢取り直して適当にやって楽しんだことがある
それでもトップを取ってチート扱いをされて叩かれたw
113: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:20:39.12 ID:

>>112

あいたたた…
122: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:25:48.29 ID:

変名だとエラリー・クイーンが凄いよな

同じ人間なのに本人同士で対談までしたんだろ
128: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:30:01.32 ID:

別名が沢山存在する界隈もある。
138: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:38:42.23 ID:

名前で売れるより実力で純粋に評価されたかった
とか言えばスマートだな。
147: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:55:08.93 ID:

出版社は多く売りたいから、ばらしたかったのではないかな
149: 名無しさん@恐縮です:2013/07/14(日) 23:57:23.25 ID:

同紙は、なぜ無名の新人がこれほどしっかりしたデビュー作を書けたのかという
疑問から調査していた
ん?(´・ω・`)
151: 名無しさん@恐縮です:2013/07/15(月) 00:00:42.66 ID:

>>149

水嶋ピロ先生が初投稿でポプラ社小説大賞を受賞したぐらい自然な流れじゃないかね?