1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★:2013/10/20(日) 16:44:27.74 ID:

 まじですか。

 伝説の動物イエティは、日本では雪男、北米ではビッグフッドとも呼ばれていたりします。オックスフォード大学がイエティを 探していると聞いたときは冗談かと思っていましたが、どうやら本気の本気だったようです。

 オックスフォード大学のブライアン・サイクス名誉教授によると、ヒマラヤ山脈で採取された雪男だと思われる動物の毛(2頭分)を 調べたところ、古代のホッキョクグマとDNAが完全に一致したそうです。

 ギズでも紹介した通り、サイクス教授はイエティと思われる生物の情報提供を全世界に呼び掛けました。結果、約70個の試料を入手し、 他の動物の遺伝子との比較を行ったそうです。集まった試料の中の2個から、ノルウェー北端のスバールバルで見つかった 4万年~12万年前のホッキョクグマと同じ遺伝子パターンが検出されたとのこと。ちなみに今回サンプルとなった体毛は、 1個はインド・カシミール地方のラダックで40年前に射殺された動物のもの、もう1個はブータンで10年前に発見されたものです。

 もともとイエティはヒグマとホッキョクグマの雑種ではないかと仮説だてられていましたが、今回検出されたDNAはヒグマなどの 現代のクマではなくて、古代のホッキョクグマと一致しました。この結果をふまえてサイクス教授は、「ホッキョクグマの祖先の血を引く ヒグマの亜種がヒマラヤに存在すること。あるいは最近になってヒグマと古代ホッキョクグマの子孫との間に交配が行われたことを 意味するかもしれない」というような言及しているそうです。

 というか、クマか…クマなのか。個人的にゴリラっぽいイメージだったんですけれど…。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/8174150/

2: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:44:57.12 ID:

じゃあホッキョクグマなんだろ
68: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:57:54.47 ID:

>>2

思っても言わないのが大人じゃないのか
102: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:03:55.49 ID:

>>2

ホッキョクグマがイエティなのかもしれないじゃないか。
686: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:43:17.98 ID:

>>2
を見たあとでは、何も言うことが思い浮かばない
858: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:03:21.39 ID:

>>2

身も蓋もなさ過ぎワロタw
5: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:45:16.84 ID:

幽霊の正体見たり枯れ尾花
7: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:45:54.38 ID:

またひとつ世の中がつまらなくなった
18: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:49:11.82 ID:

イエティ
354: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:01:09.06 ID:

>>18
19: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:49:16.46 ID:

な?オレが言ってた通りだろ?
21: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:49:52.97 ID:

ビッグフットがまだ残ってる
23: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:49:59.17 ID:

ブライアン・サイクスって「イヴの七人の娘たち」の人か
面白いけど微妙な本だったな
45: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:53:09.59 ID:

>>23

それはイエティる
27: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:50:45.95 ID:

古代ホッキョクグマってのは絶滅したと思われていた種とか?
進化して失われた祖先の姿?
なんにしてもヒマラヤの山中に生存してるならスゴイ!
10: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:46:28.44 ID:

謎深まっとるがな
30: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:51:04.32 ID:

ということは
ヒマラヤにホッキョクグマがいるということか!
764: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:01:41.96 ID:

>>30

昔ヒマラヤは北極だったんだよ!!
31: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:51:15.86 ID:

氷河期に地続きだったのが帰れなくなったパターンだったのかホッキョクグマ
34: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:51:51.42 ID:

そういや日本には雪女はいても雪男はいないよな
39: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:52:30.85 ID:

北極熊=雪男=イエティ
まあ秘密結社の言い換えというか記号というか隠喩というか暗号というか
北極シロクマなら鹿児島でかき氷になっとる
40: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:52:31.03 ID:

古代ホッキョクグマは今のとは違うのか
51: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:54:52.57 ID:

事実なら北極グマの生息範囲は随分広かったんだな。
事実なら…。
55: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:55:29.89 ID:

正直、解明されないで欲しいな。
謎のままがいいよ。
59: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:56:02.76 ID:

昔、日本に牛鬼という妖怪が山に住んでいて時々人を襲うって
今では熊の仕業と解っているけどそんなもんかね
62: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:56:36.22 ID:

これはこれでびっくりなニュースだわ
66: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:57:26.01 ID:

極寒の地に適した熊が山にもいたんだな
氷河期終わって取り残されてたのか?
151: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:14:15.91 ID:

>>66

おそらくそれだと思う
高山植物が氷河期の終わりと共に生息圏が孤立したように
コレも気温の低い山間部に移り最終的に取り残されてしまったとか
170: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:17:20.27 ID:

>>151

うーん、高山に大型肉食動物を
何百世代とまかなう資源あるかなぁ
75: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:59:22.04 ID:

実は古代熊は人間並みの知能があったが
退化して現在のアホな熊ができた、としたら
80: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:59:46.11 ID:

ホッキョクグマの生息域に再考の余地があると思えばかなり面白い話。
81: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 16:59:48.17 ID:

地底人がいるじゃないか
84: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:00:48.09 ID:

最近UMA不足だな
もっとわくわくしたい
85: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:01:01.50 ID:

古代ホッキョクグマ… シーラカンスみたいなもんか。
90: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:01:45.17 ID:

>雪男だと思われる動物の毛

だから、その毛は雪男のものじゃなかったってだけのことだろw
95: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:02:15.07 ID:

イエティが食べ残したホッキョクグマの残骸を調べたんだな。
101: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:03:31.13 ID:

小野田さんを連れ帰ってきた彼は雪男探しに行って死んでしまったのに
正体がホッキョクグマって・・・
104: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:04:41.08 ID:

ローペンはランフォリンクスの子孫!
ネッシーはプレシオサウルス!
クリッターはエイリアン!
111: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:06:14.96 ID:

まだ雪女がいる
117: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:07:41.37 ID:

もう現代においてオカルトなんて存続不能だなw
118: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:07:47.29 ID:

3つ揃えないとね。

・イエティの涙
・竜の肝臓
・人魚の鱗
119: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:07:49.67 ID:

ホッキョクグマの亜種程度なら、
知能レベルはホモサピエンスと比較したら、ほぼゼロじゃん?

単なる哺乳類じゃんw夢がねーわ。
126: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:10:02.83 ID:

>>119

https://livedoor.blogimg.jp/hobo2ch/imgs/4/a/4a36fe64.jpg
あいさつ程度はするぞ
120: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:08:43.28 ID:

ネッシーより詰まらんオチだな…
128: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:10:22.29 ID:

悪魔の証明ではそれだけではイエティがいない証明にはなりません
131: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:11:00.74 ID:

スカイフィッシュの正体はハエだったってのよりもショックかも
135: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:11:47.42 ID:

ニューネッシーってのは何だったんだろうな
ウミガメだとかジンベイザメだとか色々言われてたが
155: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:14:55.38 ID:

>>135

すごくまぎらわしい骨格のサメ
で終わりなんだろうなあれも
143: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:13:09.57 ID:

年代測定もしたほうがいいんじゃないの。
145: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:13:25.70 ID:

なるほど
熊なら二本足で立ったりと
人間ぽい動きもするもんな
つーか北極熊もするか
153: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:14:25.10 ID:

「古代の」ってところがポイントで、見つけたら見つけたでやっぱり大発見じゃないかと思うんだけど。

少なくとも、現生種のホッキョクグマとはまた違うんだろ? 古代種が生きてるのを見つけることができれば、たとえそれが大きな猿(雪男)じゃなくて大きなクマだったとしても、それはそれで意義深いと思う。
671: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:27:51.66 ID:

>>153

地上で発見されてない哺乳類では最大級だから
もし生きたのを発見したらパンダレベルだね。
156: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:14:57.81 ID:

ホッキョクグマの毛皮着たオッサンじゃないの?
159: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:15:41.41 ID:

今日本中の動物園がシロクマをイエティって書き直してるところ
163: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:16:24.71 ID:

その古代ホッキョクグマとやらを捕獲しろよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
168: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:17:05.21 ID:

まだ深海のダイオウイカの方がロマンが残っているな
176: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:17:58.87 ID:

雪男よりツチノコの方が興味あるなぁ
327: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:52:39.48 ID:

>>176

アオジタトカゲという説が最も有力
https://livedoor.blogimg.jp/hobo2ch/imgs/a/a/aa7020f0.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/hobo2ch/imgs/4/e/4ec44750.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/hobo2ch/imgs/5/4/54d7b79b.jpg
335: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:54:09.46 ID:

>>327

まんまでびっくりした。
345: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:57:35.86 ID:

>>327

うわ。つちのこだ。
183: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:19:09.16 ID:

クマか
考えても見なかったけど、言われてみりゃ最有力候補だな
187: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:19:51.02 ID:

クマと人間のハーフじゃね?
192: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:20:43.41 ID:

正体は前田日明じゃなかったのか
207: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:22:51.75 ID:

岡山のヒバゴンもヒグマの可能性があるのか
209: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:23:20.70 ID:

>>207

むしろ岡山だからツキノワグマだろw
208: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:22:57.76 ID:

パンダ、ゴリラ、セイウチ、カモノハシなんかは昔UMAだったんだぜ
210: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:23:32.97 ID:

https://livedoor.blogimg.jp/hobo2ch/imgs/3/a/3a9cc98f.jpg
220: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:24:51.30 ID:

UMAの正体を暴いても、あとからあとから新しいUMAが生まれてくるから
きりがないね。
305: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:44:20.21 ID:

ひと狩り行こうぜ!
403: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:20:42.94 ID:

イエティだわ
313: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:49:02.93 ID:

ツチノコはヤマガカシの変異体でしょ。
学会では認めたがらないけど。
昔からツチノコ状態のヤマガカシがいるとかあったよ。
320: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:50:55.40 ID:

>>313

ビール瓶飲み込んだヘビじゃないんだ
315: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:49:49.17 ID:

>ちなみに今回サンプルとなった体毛は、1個はインド・カシミール地方の
ラダックで40年前に射殺された動物のもの、もう1個はブータンで10年前に発見
されたものです。

ん?イエティーがどうとかより、インドやブータンで白熊が見つかった事の
方が凄くないかい?よく考えると。
324: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:51:49.44 ID:

>>315
,317
古い種が生き残ってる可能性が出てきたから、大発見だよ
359: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:02:50.51 ID:

>>324

うん、へんにイェティ(雪男)を持ち出さなくても、これだけで充分意義ある
発見だと思う。。が、これを持ち込んだ奴が「イエティかも?」って定冠詞を
つけてしまったがために、変な方向の話になっちゃったのねん。。
でも普通に「これ何の体毛でしょう?」って持ち込んだら調べてもらえな
かったかもしれないし、難しい選択肢やね。。

てことで、昔はインドとブータンにも白熊がいた!あたりに落着くのを希望。
371: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:07:36.85 ID:

>>359

>てことで、昔はインドとブータンにも白熊がいた!あたりに落着くのを希望。

いやほんと、氷河期には世界中が雪とか氷におおわれていて
保護色としてあのライオンやトラでも白かったと聞いたことがある
だから今でもホワイトライオンやタイガーが生まれるという
387: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:15:30.03 ID:

>>371

アルビノを新種とか突然変異とか奇形とか、進化の一形態と考えるより、あく
までも環境対応能力の一部に過ぎないと考えた方が良いのかもしれないね。
(つまり、アルビノであるのが必要な環境であればアルビノになるが、その
環境でなくなれば、アルビノの子孫ですらアルビノ色は消えて行くみたいな)
そう考えた方が、インド・ブータンの白熊の古代種も説明がつく。
428: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:31:17.24 ID:

>>387

白人だってそうだもんね。
453: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:38:58.37 ID:

>>428

うん。広義ではそうだと思う。インドヨーロッパ語族と言う言い方なんかも
それに近い物を感じますね。と考えると、「つい最近まで」インドあたりにも
各種のアルビノ種がいたとしても、それほど不可思議でもないかも。
(で、それが伝説レベルでイェティとして語り継がれ。。)
316: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:50:00.52 ID:

UMAでなくKUMAでしたー

ってやかましいわ!
338: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:55:30.76 ID:

>>316
言い得て「イエティ」妙
317: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:50:19.48 ID:

>現代のクマではなくて、古代のホッキョクグマと一致しました。

おまえら何をガッカリしてるんだW

すごい発見じゃねーか。
321: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:51:04.28 ID:

雪女の研究は?
325: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:52:03.48 ID:

>>321

酷く冷え症なんだろ
323: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:51:34.26 ID:

知ってた






雪男wwwwwwwwwwwwww
326: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:52:35.55 ID:

逆に考えよう

北極にイエティがいっぱいいるわけだ
331: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:53:04.17 ID:

だれかクマの毛をいたずらで置いたってことか
332: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:53:10.78 ID:

UMAの伝説って冒険家がスポンサー集めるために利用するからな。
オリジナルよりも派手に盛られていることが多い。
雪男系しかりモケーレムベンベしかり。
ああ、でもこの時代に新種の大型哺乳類が見られるかも知れないとは。
333: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】(1+0:5) ◆twoBORDTvw:2013/10/20(日) 17:53:33.15 ID:

学校の先生がなんか取り出して「イエティ!」とかどなって変身するわけか
334: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:53:50.23 ID:

北極グマの毛皮で防寒してる古代人かも知れない
336: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:54:48.20 ID:

日本の雪男も同じ種なのかな
337: 美香:2013/10/20(日) 17:55:15.36 ID:

∋*ノノノ ヽ*∈
 川´・ω・`川 日本にもネトウヨと呼ばれる珍獣がいるんだけど、
           正体は「自分に誇れるものが一切ないから日本という国で補填してるクズ」だよね。
348: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:58:42.89 ID:

>>337

ん?日本は誇れる国だというのは認めてくれるわけ?
お前さんの普段の言動とはだいぶ違うな。
まぁ、ダブスタ手のひら返し当たり前の奴になに言っても無駄かw
355: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:01:28.33 ID:

>>337

あ、珍獣美香がでた~w 糞を食べるという伝説のUMAだな。
340: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:55:54.55 ID:

異種交配の可能性は?
341: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:56:21.11 ID:

仮に見つかったとしても種としての絶滅は時間の問題だよな
大抵の種はいずれ絶滅するけれど。
342: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:56:30.31 ID:

おいおいマジモンのUMAだろ。これ。
343: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:56:30.93 ID:

ツチノコに関してはこんな動画もありますぜ

344: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:57:18.21 ID:

雪女が本命だし
350: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 17:59:10.51 ID:

遠い星から来た男が愛と勇気を教えてくれる

…んじゃないのか('A`)
357: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:02:08.38 ID:

>>350

ウルトラマンイエティか
聞いたことあるわ
369: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:07:30.64 ID:

>>357

('A`)ウルトラマ~ン イエティ~♪ アッー!
352: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:00:19.56 ID:

クロマニヨン人とかネアンデルタール人の美女はは現存しないの?
358: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:02:12.18 ID:

30代ぐらいの人は、ドラクエⅣでイエティを知ったよね?
360: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:02:56.25 ID:

言イエティ妙
361: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:03:14.43 ID:

サスカッチ様ー
このスレにサスカッチ様はいらっしゃいませんかー
363: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:04:50.71 ID:

謎が謎を呼ぶ
364: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:06:37.59 ID:

スガオ君とか懐かしすぎるだろ・・・
365: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:06:52.84 ID:

イギリスアーサー王のシンボルが熊だって知ってる?
お前ら朝鮮山葡萄人ン先祖ばかりじゃないんだぜ、熊トーテムは
それを考えるとネパールやブータンに白クマがいていいだろ、大英帝国白熊植民地だったんだから
366: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:06:58.88 ID:

失われる伝説

アナスタシタ王女:大津事件のDNAと比較すると、偽物と判明。
ネッシー:おもちゃであったことが発覚(ドラえもんどーするよ)。
スカイフィッシュ:ビデオ独特の現象と判明。
雪男の毛:DNA鑑定で、ホッキョクグマと判明。←いまここ


まだあったっけ。
367: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:07:03.50 ID:

ウチの中にはクマがいるが(謎)
370: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:07:35.01 ID:

ならホッキョクグマなんだろwwwwww
372: スカイフィッシュの正体②:2013/10/20(日) 18:08:20.57 ID:

この生物が記録されている限り最初に確認されたのは1963年4月10日。
ボストン沖でテスト航海中の米海軍原潜スレッシャー号が突如消息を絶ち、
沈没して129名の命が失われた事件において、近傍の海域に
謎の物体が猛スピードで接近する様子がレーダーに記録され、
のみならずスカイフィッシュ?と思われる大型の謎生物が大量発生した事が軍の記録に残されている。

スカイフィッシュの体がプラズマで構成されている事は既に述べたが
同様に食物もまたプラズマで、これを吸収する事で生命を維持する。

スカイフィッシュの捕獲は基本的に不可能であり、捕獲した瞬間分解して消滅する。
スカイフィッシュが死んだ後にはプラズマが消滅した後に残るエアロゾルの塊、
フラクタル物質が残るが、それも数時間で消滅してしまうため、基本的に何も残らない。
死体保存も解剖も不可能である。
稲妻をつかまえてクロロホルム瓶の中で保存する事が不可能なようにだ。

スカイフィッシュの生体構造や飛翔のシステムについては今日ではある程度解明されている。
棒状になったスカイフィッシュの本体はフィラメント構造となっており、
周囲に発生する磁力線がプラズマを発生させ、これりが光の膜(いわよるヒレ)のように映る。
このシステムによってレールガン同様、電磁誘導(ローレンツ力)が発生し、
その内部を本体が高速で飛翔している。

2匹のスカイフィッシュが螺旋状に絡み合うようにして飛んでいる映像も記録されているが、
これは物質体の生物における「交尾」の様子と思われる。
2本のフィラメントによって発生した電磁場が、
新しいプラズマを発生させるシステムを想起すればわかり易い。
このようにして繁殖していると思われる。
373: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:09:08.34 ID:

熊が類人猿なみに進化してるのかもしれんじゃないか。
379: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:12:33.57 ID:

>>373

人間になった熊の子孫だって連中がいるらしいって聞いたことがある
385: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:14:50.49 ID:

>>379

あれは人もどきであって人ではないお。
485: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:50:22.54 ID:

>>402

何この絵 凄い
発想が凄い
374: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:09:14.60 ID:

ホッキョクグマがいないはずの場所に居たということ?
375: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:10:16.13 ID:

ホッキョクグマのカツラを被ったイエティが居るって事でどうだ

先日頭の皮をはがれたホッキョクグマが発見されたんだ
376: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:11:00.43 ID:

要は
ミッキーマウスの中身は
中年のおっさんだったて事でしょう
380: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:13:31.22 ID:

◆皆が知らないDNAの超真実(つまり絶対証明にならないので冤罪が・・)

・採取する人間の部位によりDNAが違うことが頻繁にある
・死ぬまで不変どころか配偶者、子供のDNAが逆方向で本人のDNAに変化が
383: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:14:43.73 ID:

雪男の正体は、不法入国して逃亡生活してるイラン人だと思ってたんだが違ったのか?・・・
388: スカイフィッシュの正体③:2013/10/20(日) 18:16:00.02 ID:

スカイフィッシュは通常の生物とは異なり大気圏外にも飛び出す事ができる。
スカイフッシュと思われる生物が大気圏外で確認されている。
この事からスカイフィッシュは、かつて別の天体からやってきた
宇宙生物の一種ではないかと思われていた。

(スカイフィッシュとは別物だが、現に宇宙空間では様々なプラズマ生命体が目撃されている。
 通信記録にも残されているように、アメリカで初めて宇宙空間に飛び出した
 ジョン・グレン宇宙飛行士が窓の外に目撃し、
 また壁をすり抜けて船内に入ってきた「宇宙ホタル」などがその代表例である)

しかし科学技術・探索技術の発展によって
よってスカイフィッシュは厳然たる地球生物であるとの説が今日では有力視されている。

スカイフィッシュの本来の棲家は遥か地中、それも地下数千キロの大深度に位置する、
強烈な電磁波の飛び交う「地球の核」である。
地上や海中で目撃されるスカイフィッシュは、地球内部に発生するプラズマと
地磁気の生み出すトンネルを通じ、全体の中のごく一部が地上へと迷い出て来たものと思われる。
なおプラズマは物体を透過できる事が、大槻義彦教授らのの実験で明らかになっている。

(ちなみにスカイフィッシュが地面に激突して消滅している映像もあるが、
 これは消えたのではなく地中へと「帰った」のだろうと思われる)

なおスカイフィッシュは、『聖書』の『黙示録』にも登場する。
「大艱難の時代、北極にある“底なしの穴”が開かれ、
 そこから膨大なイナゴのようなものが無数に飛び出してきた。
 それは地球上の人間に死ぬ事もできない激しい苦痛を与えた」…と。
422: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:29:08.86 ID:

>>388

おまえよ、
スカイフィッシュの正体はすでに判明してるんだぞ。


スカイフィッシュは、肉眼では見えず、なぜかビデオカメラだけに映る。


そして、ハエみたいな小さな昆虫がすばやくビデオカメラの前を通ったとき、
長細い動物が飛んでるように見え、スカイフィッシュそっくりになるということも

実験で判明してるんだ
392: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:16:47.07 ID:

クルピラは実在する
393: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:16:57.22 ID:

北極圏以外でホッキョクグマのDNAを持つ個体が見つかったとなれば
それはそれで学術的に重大な発見じゃね?
394: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:17:07.58 ID:

シロクマイエティ
395: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:17:30.22 ID:

ヒバゴンの大勝利!
397: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:18:36.24 ID:

AAを見に来た
398: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:18:38.79 ID:

チベットの人達が観光資源にしたいから、熊の毛を手に入れて(シベリアの永久凍土から)それを送ったんだって
400: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:20:13.22 ID:

ウルトラマン80(イエティ)
404: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:21:48.46 ID:

ズブの素人の俺が言ってたとおりだ。
クマだってな。雪人間なんていりわけない。

UFOと宇宙人もバカ人間の誤解、妄想もしくは見誤り
だからな
405: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:22:26.17 ID:

ヴュルム氷期には北極圏ーシベリアーチベット付近まで氷河で繋がってたんじゃないかな?
氷河後退期(1万5千年前)に取り残された子孫がまだ生き残ってるかもしれないと
ロマンがあるね
406: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:22:37.61 ID:

イエティが殺したホッキョクグマの毛皮を被っていたんだろ
413: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:25:27.25 ID:

>>406

今のホッキョクグマと古代ホッキョクグマとでDNAが違う
情報提供元がここ数十年の間に生きてた動物の体毛な訳なんで
仮に事実だったら絶滅したと思われていた原種、またそれにかなり近い亜種がその時まで生きていた事になる
407: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:23:23.74 ID:

【古代の】


ホッキョクグマ?
シーラカンス的な何か?
408: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:23:38.75 ID:

夜叉猿に期待
409: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:24:24.00 ID:

なんでインドで北極熊?
410: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:24:41.58 ID:

藤岡弘じゃないの?
411: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:24:48.05 ID:

氷河期に取り残されたとかなのか。
412: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:25:01.97 ID:

こんなあからさまなクマー(AA略 スレになんか
釣られないお
リンク踏んだらダム板に飛ばされるに決まっとる
414: 雲黒斎:2013/10/20(日) 18:25:43.00 ID:

え、猿人バーゴンは?
416: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:26:19.44 ID:

>今回検出されたDNAはヒグマなどの
>現代のクマではなくて、古代のホッキョクグマと一致しました。


 おいおい、ほんとにUMAがいる、ってことじゃないかwwwww
417: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:27:09.17 ID:

雪男はいないが
バカ男はそこら中にいるけどな。

地球温暖化のよって白熊のえさ不足がすすむ一方
ヒグマが北上して白熊と遭遇するケースが増えているそうだ。
白熊が生き残るにはヒグマと混血するして先祖返りするしかあるまい。
421: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:29:07.51 ID:

>>417

白熊の食料はあざらしだし、温暖化というよりカナダやアラスカが乱獲してるんじゃね?
418: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:28:25.38 ID:

KUMAですから
420: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:28:46.95 ID:

・人魚=マナティ、ジュゴン
・イエティ=ホッキョクグマ
423: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:29:22.51 ID:

>今回検出されたDNAはヒグマなどの
>現代のクマではなくて、古代のホッキョクグマと一致しました。

すごいな
古代種のクマが原生してるのか
424: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:30:02.18 ID:

バイカルアザラシなんて内陸地に住むアザラシも現存してるし

ガラパゴスペンギンなんて赤道直下に住むペンギンも現存してるし

北極熊がヒマラヤに居る可能性は0%ではないな。

夢がある。
425: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:30:12.27 ID:

スガオ君が一言
    ↓
426: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:30:20.26 ID:

事実ならそれはそれで凄いニュースだな。
427: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:30:21.25 ID:

じゃぁ雪女は?
429: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:31:35.22 ID:

狐狸妖怪とよばれる、人をだますキツネやタヌキのDNAは、

コリアンと一致しました。
448: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:36:55.09 ID:

>>423

古代ホッキョクグマがひっそりとヒマラヤに生息。
イエティよりロマンを感じる。

>>429

妖怪の中ではネズミ男が最も近い気がする。
795: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:14:06.26 ID:

>>429

>>448

おまえら謝れ!
今の書き込みはとんでもなく酷い発言だぞ。
兎に角謝れ!
狐狸妖怪や鼠男に全力で謝れ!
430: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:32:29.15 ID:

毛が無いホッキョクグマを見てみたい
437: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:35:19.17 ID:

>>430

毛がない犬はいるからね。
いたら面白い。
431: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:32:42.64 ID:

中学生の時の同級生が住んでたアパートに、海外で雪男を探していて雪崩に巻き込まれて亡くなった人いたなぁ
432: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:33:11.29 ID:

つーか、現地語でクマはイエティと昔から呼ばれたんだから今更だろ
433: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:33:46.99 ID:

北極とヒマラヤでは住環境はまったく違うから、生態もまるで違うはず。
なぜこんなことが起こったのか非常に興味深い。
442: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:35:56.97 ID:

>>433

距離として数千キロ~1万キロくらい離れてるから摩訶不思議だよね。
氷河期には世界中のいたるところに北極熊が居て、ヒマラヤの北極熊は生き残ったんだろうか?
パンダっていうのは、そういう類の生き物だよね?
虎の先祖に追われてチベットの竹林に逃げ込んだのがジャイアントパンダだとか。
434: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:33:53.58 ID:

ハーピーと一緒に住んでるじゃん
435: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:34:00.77 ID:

>ノルウェー北端のスバールバルで見つかった 4万年~12万年前のホッキョクグマと同じ遺伝子パターンが検出されたとのこと。
>ちなみに今回サンプルとなった体毛は、
>1個はインド・カシミール地方のラダックで40年前に射殺された動物のもの、もう1個はブータンで10年前に発見されたものです。


12万年前くらいなら、ノルウェーとヒマラヤは今と同じくらい離れてる。
どうやってホッキョクグマがヒマラヤまで到達したんだ? 氷河期に到達したのか?

そして、古代のホッキョクグマのDNAを持っていて二足歩行する動物なんじゃないのか?
445: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:36:31.61 ID:

>>435

ホッキョクグマの毛皮が暖かかったからノルウェー人が持って帰った。
436: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:35:06.44 ID:

新日の中西じゃないのか?
438: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:35:24.07 ID:

何だ結局ただの熊かよ…

と思わせといての、古代熊とか
別の夢が広がリング
439: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:35:40.23 ID:

白熊があざらしを捕食するには北極海が氷結する
ことが必要。それを白熊は飲まず食わずで待っている。
凍らなければ永延と泳いであざらしをさがさなければならず
溺死するケースもあるし、そもそも水中で動きの早いあざらしを
捕らえることは無理なわけで、氷の上からアザラシが息継ぎで
上がった瞬間、捕らえるのである
441: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:35:56.08 ID:

怪物がいるなんで与太話なんかより、古代の熊がまだ生きてるって言う方が、ずっとロマンがあるよね。
456: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:40:35.89 ID:

>>441

ホントそう
ピラミッドは宇宙人が作ったより
古代人の叡智の結晶の方がロマンある
トンデモ持ち込んだ瞬間に思考停止でなんの広がりもない
444: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:36:29.68 ID:

ガチャピン 「よう、クマ」
446: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:36:45.69 ID:

て事は、何かが実在してるのは間違い無いって事か。
447: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:36:51.73 ID:

wikiのイエティ想像図が可愛い
449: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:37:02.84 ID:

      _人人人人人人人人人人人人人人人_
        > な・・・・なんだってご先祖グマが!!<
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
   ∩___∩              ∩____∩
   | ノ     u ヽ            / u     u └|  ∩____∩
  / # ●   ● |           | ●   ● # .ヽ/  u    └|
  | u   ( _●_)  ミ          彡   (_●_ ) u  |●   ● #  ヽ
 彡、   |∪|  、`\        /     |∪|    彡  (_●_) u   |
/ __  ヽノ /´>  )       (  く   ヽ ノ   / u   |∪|    ミ
(___)   / (_/        \_ )      (  く   ヽ ノ     ヽ
450: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:37:51.81 ID:

グリム出番だぞ
451: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:37:59.34 ID:

ホッキョクグマなのはいいとして、なんでそんな場所にいるんだ
462: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:42:24.82 ID:

>>451

寒がりなホッキョクグマ
454: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:40:16.24 ID:

バイカル湖に住むバイカルアザラシも謎の生き物なんだよね。
北極海から数千キロも離れた湖に、なぜアザラシが住んでるのか
いまだに誰も解明できていない。
463: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:42:50.05 ID:

>>454

隠岐諸島で発見されたワニの化石もまた、なぜワニが住んでいたのか
いまだに誰も解明できていない。
479: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:48:07.04 ID:

>>463

一方、因幡の白兎伝説だけが、正しく伝えているのだが、残念ながら現代人は
そのメッセージを正しく理解できないので、ワニをサメの勘違いだったと
わざわざ無理クリの説明を付けているのが現代の日本古代史の悲しい現状。
455: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:40:28.97 ID:

コロンブスがアメリカ大陸に住んでいた人間を
インド人と誤解した歴史的大間違いに匹敵する
アホマヌケ大間違い。それが雪男である。
457: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:40:48.70 ID:

獣人雪男のDVD化まだ?
458: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:41:07.07 ID:

これはイイエティ妙だな
459: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:41:07.07 ID:

古代種が最近まで現存してたなら
陸封された淡水湖に首長竜が
現存する可能性だって!!
464: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:43:03.67 ID:

>>459

あるよね。

あと、ベトナム戦争のときに、古代の類人猿がジャングルにいて
死体が冷凍保存されてアメリカまで送られたっていう話もあるがなぁ。

ヒマラヤの高い場所なら、かなり外界から隔絶されてるから、シーラカンスみたいに
生き残ってるヘンテコな生物がいる可能性はあるし、
特殊な湖でも何かいそうだな
475: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:46:10.52 ID:

>>459

生物は単独では生き続けられないからねー
世代交代可能な数が必要になる
大型で複雑な種になれば成程その数が増える
大型恐竜の絶滅からの時間考えると難しいかなとは思う
でも、どう時期の種で今も生き残ってるのいるから
特殊な種ならあるいは・・・・
普通に考えれば進化して別種として、だね
511: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:57:33.11 ID:

>>475

なお首長竜は恐竜ではないのだが。
526: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:02:49.94 ID:

>>511

首長竜と恐竜はペルム紀に分岐した別のグループで(wiki

おお!知らなかったよ
2ちゃんはほんとに勉強になるわ~
460: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:41:34.04 ID:

ってかホッキョクグマって、もともとヒグマの亜種だろ
だから混血しても繁殖能力のある子がでけるわけだし
461: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:41:41.96 ID:

雪男が北に移動して野生化したのがホッキョクグマなんだろ
465: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:43:56.20 ID:

俺が子供の頃は「シーラカンスブーム」というのがあってだな

数億年前の化石でしか確認されなかったシーラカンスが生きたまま見つかって

大ニュースだったんだよな。

でも、現在は現地人が普段から食用として捕獲してたことが分かって夢が消えたw
466: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:45:18.51 ID:

>>465

生きたシーラカンスが発見されたのは第二次世界大戦前である。
お前の年齢は一体いくつだよw
470: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:45:52.92 ID:

>>465

糞まずいから生き残ったんだっけ?
469: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:45:50.39 ID:

まだ、野人やヒバゴンがいる。希望をすてるなよ
471: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:45:53.37 ID:

日本の天狗のDNA解析やって欲しい。魚とか獣のDNAかもね
490: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:52:22.98 ID:

>>471

出るのはヒトのDNAでは
サンカや山伏だろ天狗なんて
502: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:11.90 ID:

>>490

天狗に関しては「紅毛人説」が濃厚だよね。
中世に何かしらの理由で日本に紛れ込んだオランダ人かベルギー人が
紅毛で鼻が高くて目つきが鋭く、今でいう天狗と同じ特徴を持ってるから
当時、紅毛人を見た事のない日本人から見たら新手の妖怪にしか見えなかった。
510: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:56:57.73 ID:

>>502

天狗やダイダラボッチは外人説が高いけど
河童は何なんだろうな?
512: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:57:37.50 ID:

>>510

中絶した子供の遺体
513: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:57:51.80 ID:

>>510

奇形の人間かニホンカワウソかハゲの可能性が高いと思う
516: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:58:40.82 ID:

>>513

       困 出 ボ
       ら. せ リ
       せ. と  ュ
       る. 床 |
          屋 ム
          を  を
   ∧_∧
   ( ;´Д`)
   ( つ 彡⌒ミ
   ) 「(´・ω・`)
     |/~~~~~~ヽ
517: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:58:45.44 ID:

>>510

>>513

オオサンショウウオって説も
521: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:00:54.42 ID:

>>510

アンガールズの山根だろ
528: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:03:14.85 ID:

>>510

水死者の霊という話もあってだな。
オカルトの正体にオカルトで返すのもアレだが。
666: 河童の正体①:2013/10/20(日) 20:24:06.50 ID:

>>510

河童については日本のみならず
河童という名前がつく以前から河伯、水虎などと呼ばれ
中国はおろかヨーロッパ、南北アメリカで昔から目撃されている。

ちなみに河童にクチバシがあるだの、背中に甲羅があるだの、
キュウリが好きだのについては、
時代を下るに従って追加されていった設定でしかない。

昔頭を剃りあげた宣教師が日本に初めて渡来した頃、
目の色も髪の色も言葉も異なり、大柄な体躯の西洋人を
人々はあれは何だ、妖怪かと驚いて噂し合った。
そして西洋人を指差して「お前は何だ」と訊ねた。
西洋人は服を指差されて名前を訊かれたのかと思い
「カッパ (ポルトガル語で外套の事。日本の合羽の語源)」と答えた。

それ以降頭頂部のハゲ上がった「カッパ」という妖怪が創作され
それが古来から目撃された水辺の生物と集合して
頭に皿のあるカッパという妖怪が誕生した。
その他のいろいろな設定もこういった形で付与されていったものだ。
685: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:42:36.21 ID:

>>666

その説はなんか嘘くせー

河童(かわわっぱ)は川の子供って意味だろ
西洋人の着てた服から転用されたって無理すぎ。
472: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:45:55.99 ID:

古代ホッキョクグマとDNAが一致するからといって、ヒマラヤホッキョクグマ(仮称)の祖先が北極圏からやって来たとは限らない。
473: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:46:00.09 ID:

むろみさんではヤタガラスがかなりかわいいと思う。
474: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:45:59.99 ID:

ホッキョクグマだとしたら
するとヒマラヤの環境であんな大型の哺乳類が生息してるってことでやっぱりヘンじゃねーの
食物連鎖の頂点だし食う量もハンパじゃないだろうし環境的に種を維持できるのかいな

夢のない推論だが
どっかの詐欺師がシロクマの標本で釣ったんだと思う
477: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:46:48.47 ID:

>>474

スレッドストッパー乙
478: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:47:58.60 ID:

>>474

ヒマラヤと言っても頂上じゃないだろ。下の方は緑もあって動植物もいるだろ
480: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:48:32.36 ID:

>>474

たしかに食うものがなさそうだが、どうなのかな。

しかしインドとネパールという異なる場所から持ってきたサンプルが、
12万年も前のノルウェーに生きてたシロクマ(顎の骨しかない)の毛だ、ってことなら

どっからそれを手に入れたんだ? ということになるわなw
487: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:51:11.81 ID:

>>480

> しかしインドとネパールという異なる場所から持ってきたサンプルが、
> 12万年も前のノルウェーに生きてたシロクマ(顎の骨しかない)の毛だ、ってことなら
マンモスが時々そのまま出土するみたいに、氷漬けになってたのが時々出てくるんじゃないの?
12万年前はノルウェーだけじゃなくヒマラヤにもいたんだろ。
491: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:53:24.10 ID:

>>487

ありうるが、AFPの元記事

http://www.afpbb.com/articles/-/3001614

を読むと、一方のサンプルは射殺された動物から取ったサンプルだぞ?
まあ、もちろん、射殺ってのがウソで、氷の下に数万年保存されてたマンモスみたいのを
たまたま別な場所で発見した・・・のかもしれないがなぁ。
505: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:45.53 ID:

>>491

> を読むと、一方のサンプルは射殺された動物から取ったサンプルだぞ?
そんなの自己申告だろ。

> まあ、もちろん、射殺ってのがウソで、氷の下に数万年保存されてたマンモスみたいのを
> たまたま別な場所で発見した・・・のかもしれないがなぁ。
それなら大発見なのに、嘘ついて雪男とか言ったせいで貴重な発見を見逃してたりしてそうw
結構そういうバカ多そうw
515: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:58:32.65 ID:

>>505

でも、シーラカンスみたいな例もあるので、実際に古代の遺伝子を持ってるものが生きてても別に不思議ではない。

もちろん、氷の下に数万年冷凍保存されていた、「ノルウェーのホッキョクグマとDNAが100%一致する生物」の
毛なりなんなりを雪男の毛として保存していた可能性もあるがな。

だとすると、氷の下を掘ると、他にも一杯見つかるはずだわな
525: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:02:36.48 ID:

>>515

> でも、シーラカンスみたいな例もあるので、実際に古代の遺伝子を持ってるものが生きてても別に不思議ではない。

植物や昆虫、魚類、爬虫類、両生類のレベルまでならあり得るけど、大型哺乳類は厳しいんじゃないかな。
大型哺乳類でそういうことがあれば世紀の大発見だが、DNAから人工授精で復元する方が筋が良さそう。
もしそういう個体が見つかっても、「どこかの研究所がこっそり復元したのでは」という疑いが出るだろうね。
昔は映画でよく使われたプロットだったが、今は実際に可能になってきてるし。
530: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:03:40.01 ID:

>>523

UFOの正体ってわかったの?


>>525

シーラカンスだってかなり大きいぞ?
大型哺乳類だと難しいっていう議論もよくわからんしね。

DNAから研究所が生きてるものを復元した、とか言うほうがかなりトンデモかと。。。
539: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:07:16.14 ID:

>>530

UFOは未確認飛行物体だから、確認されるまでは何が飛んでてもUFOだな。

もし「宇宙人が乗っている空飛ぶ円盤」と確認できたらUFOじゃなくなるな。
549: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:12:07.32 ID:

>>539

ちなみに、昔エリア51で働いてた人々の情報公開が一部できるようになって、
エリア51で音速で高空を飛ぶ偵察機を何機も開発していて、そのうちの一機が試験飛行中に
旅客機から近い距離を飛んでしまい、乗客やパイロットに目撃されてしまったので、
CIAと軍が慌てて、到着先の空港に出向いて、乗客、乗務員、パイロットなどに、
「先ほど見たことは一切口外しないこと、なかったことにすること」という誓約書を書かせた、ってのがあったな。

あと、この種の開発やってるチームから情報が漏れたのではないかということになり、
開発チームの人間がロッキード社の一室で自白剤打たれて、結局、その人は何もやってなかったのだが、
フラフラになった状態で見知らぬ黒い服着た男性二人に抱えられて帰宅、奥さんがびっくり、っていう
こともあったそうだ。


いわゆるメニンブラックはこの辺から来た話なんだろう
540: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:07:29.77 ID:

>>530

焼きそば
547: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:11:17.55 ID:

>>530

> シーラカンスだってかなり大きいぞ?
水中だから

> 大型哺乳類だと難しいっていう議論もよくわからんしね。
陸上の脊椎動物の最小存続可能個体数は1000位上。
ヒグマサイズの大型哺乳類が1000頭以上も生息してれば、これまで発見されてないはずはないし、
たまたま見逃してたとしても、近年まで生息してたか今も生息してるなら、骨や化石、足跡、糞など
の痕跡が大量に見つかるはず。
探索され尽くしてる地上で、大型哺乳類が千頭以上も見つからずにひっそり隠れて生息してるってのは
考えにくい。
557: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:14:17.56 ID:

>>547

哺乳類という意味では、チンパンジーだのサルだのの新種はけっこう
見つかってるんだよ。
たいてい、現地人だけが見たことあると言っていたもの。

だから、 「見つからないからいない」ってのも根拠薄いんだよな。
大型で食べ物どうすんだとか、見通しがいい場所、とかいうのはあるかもしれないがな
567: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:19:06.39 ID:

>>557

> 哺乳類という意味では、チンパンジーだのサルだのの新種はけっこう
> 見つかってるんだよ。
古代種じゃなくて新種でしょ。周辺の猿から分岐した新種なら珍しい話じゃないけど、
その遺伝子ベースはあくまで周辺の猿グループのもので、それが未発見ってことはない。
現在のインドやネパールに広範囲に全く存在しない古代の遺伝子系統を持った1000個体
以上の集団が未発見ってのはあり得ない。
普通のヒグマの集団の中で新種が未発見ってことはあっても、その中に古代種の直系がひっそりと
紛れてるってこともあり得ない。
570: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:20:36.44 ID:

>>567

新種が見つかるんだから、「現地人しか見たことないのでいない」ってのは根拠薄いってことでは?

あとは、古代の遺伝子持ったやつがどうやって生き残っていたんだ?とかいう話だが、
そりゃわからないね。それを言うならシーラカンスだってどうやって生き残っていたんだ?になってしまうし。。
579: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:25:55.84 ID:

>>570

> 新種が見つかるんだから、「現地人しか見たことないのでいない」ってのは根拠薄いってことでは?

だから新種が見つかる話とは事情が全く違うんだってば。
新種じゃなくて古代種なんだから。交雑してすぐに平均化されてしまう。

> あとは、古代の遺伝子持ったやつがどうやって生き残っていたんだ?とかいう話だが、
> そりゃわからないね。それを言うならシーラカンスだってどうやって生き残っていたんだ?になってしまうし。。
深海に生息していて、他の種との交雑が無かったからだろう。
582: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:26:42.06 ID:

>>570

びっくりするほどバカだな
>>567
は現地人しか知らない新種が見つかるなら、現地人しか知らない古代種も見つかる筈、
という論法が間違っていると言ってるんだろw
588: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:29:27.07 ID:

>>579

同じでしょ。

新種だろうが亜種だろうが、研究者が一度も見たことないサルがいるんだが、現地人しか目撃事例がない、
ウソだろうと思って研究者が調べたら、実際にいた、

ってのが、サルの類でもけっこうあるんだから、新種の動物でも別に珍しくないでしょ。

それからシーラカンスが深海っていうけど、それほど深海じゃないぞ?
外界から隔絶されてるってなら、ヒマラヤだって隔絶されてるし、ヘンテコな動物がいてもおかしくない。

オーストラリアにカモノハシやカンガルーなんていうヘンテコな動物がいたのと同じ。


>>582

びっくりするほどバカなのはあなたじゃないかねw
489: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:51:46.76 ID:

>>480

仮説だが。現在、ロシアでマンモスの筋肉や毛が冷凍保存されて次々と見つかってる。
もしかしたらヒマラヤで死んだ北極熊の体毛が冷凍保存されて見つかっても
不思議ではない。
476: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:46:39.20 ID:

ドイルの短編に「青の洞窟の恐怖」という作品があるが、この展開を予見したような内容だったな
481: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:48:53.99 ID:

やべえ!俺のロマンチックが止まらない!
水曜スペシャル、かもーーーーん!
482: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:49:38.17 ID:

>>481

川口隊長は死んだんじゃ
483: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:50:13.30 ID:

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | ・・・・・!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
484: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:50:16.24 ID:

でもまあ、ヒマラヤにホッキョクグマがいるというのも驚きだよ
大陸がひとつであった時代の名残かね
486: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:50:46.09 ID:

>>484

それはない。
大陸がひとつだったのは2億年前くらいだから。

12万年前なら、ほぼ今と同じ。
488: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:51:21.25 ID:

わかった、クマでいいだろう、クマで
雪男はゆずろう

しかし、ヒバゴンはどーなのよ、ヒバゴンがクマとはいわせんよ
504: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:40.97 ID:

>>488

そういやヒバゴンが目撃された山はクマでるね。
492: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:53:55.31 ID:

「原人バーゴン捕獲」のニュースがいつ流れるか
ずっと待ってるんですが…
494: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:54:05.01 ID:

地軸は移動してるんだから当時の北極は現在とは違うだろ
495: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:54:18.66 ID:

マジレスすると今年で12万歳になる物持ちの良い古代人が
12万年前のクマの毛皮を着てつつがなく毎日を過ごしているだけ
496: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:54:22.88 ID:

12万年の月日を経て似た遺伝子パターンになったか
497: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:54:26.42 ID:

中国の野人は何だったのか
498: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:54:44.53 ID:

イエティーは実在するってことかい?
499: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:54:54.44 ID:

隠岐の島に鮫はいるだろ。御醍醐天皇が流されたのに
500: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:01.23 ID:

>1
祖先が熊だと言い張ってる朝鮮人は『イレテェ』と呼ぶべきだな
501: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:03.92 ID:

雪男なのにメスかもしれないな
506: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:48.37 ID:

イエティってマイユアの一発屋だったな
507: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:55:57.82 ID:

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | マンモスいるから安心して南下したら閉じ込められた白クマ!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)
508: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 18:56:13.19 ID:

朝鮮人が人類と交配出来るんだから、何の不思議もない
519: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:00:39.28 ID:

子供の頃
「雪男」「ツチノコ」「口裂け女」を発見したら大変な事だと言われてたけど
ツチノコは東南アジアに行けばどこにでもいる胴太、短身の単なる蛇だったんじゃなかったっけ?
522: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:01:28.01 ID:

天狗の赤ら顔で高い鼻はあとから根付いたイメージだから
外人説はちょっとどうかと思う
天狗自体はその容姿に定着する以前から伝承あるし
523: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:01:40.34 ID:

科学の馬鹿野郎
もうこの世にロマンは存在しないのか
ネッシーもUFOも正体を知りたくなかった
538: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:07:11.64 ID:

>>523

そうかなぁ、いきなり答え出して何だか判らないで終わっちゃうより
答え出す過程にロマンはあると思うよ
524: 輸送梱包のピンハネ大好きクソ○長:2013/10/20(日) 19:02:13.01 ID:

イエティから一言↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
531: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:04:03.86 ID:

>>527

雪女か
533: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:05:25.10 ID:

>>527

おお、新マンの雪女怪獣スノーゴン。 ウルトラシリーズでは一番
かっこいいイエティ系怪獣だな。
537: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:06:55.50 ID:

>>529

大昔、海だったからね>ヒマラヤ

でもそれは>>1
の数万年~12万年前なんて近い時期の話じゃなくて、
もっとはるかに遠い昔。 >>1
の時期なら、ヒマラヤは今とあんまり変わらない。



>>533

それならこれ出さないと

545: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:08:53.29 ID:

>>537

ウーはただ毛が濃いってだけで、そんな格好よくない。
ウルトラセブンのゴーロン星人とデザイン的には似たような
評価だな俺的に。
546: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:11:02.96 ID:

>>537

「今から思いっきり抱きついていい?」
「いやそれはちょっと・・・」
みたいな感じに見える
529: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:03:29.15 ID:

そういえば、エベレストとかってアンモナイトの化石や魚の化石がうじゃうじゃ出るんだよな?
北極熊の遺跡が残ってても不思議じゃない気がしてきた。
532: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:04:35.09 ID:

むろみさんのあれ、ただの熊だったんだな じゃあセックスしてもいいね
534: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:06:06.47 ID:

「ここにいるはずがない!」ってのがそもそも思い込みなんだよね。

信長の側近に黒人さんがいたくらいだから、北半球のほとんどが氷に閉ざされ
てた氷河期にゃ、白熊さんも500キロくらいなら余裕でマルコポーロできたに
違いないのに。(例:一ヶ月もあれば京都から東京くらい歩いて行ける)
535: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:06:36.64 ID:

弘前の武富士で放火事件を起こした奴の似顔絵は
ヒバゴンそっくり
536: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:06:39.81 ID:

チベットのヤクだって、考えてみれば不思議な動物だしな。
冬は零下40度とかになるのに普通に生きてんだろ?
雪男はそういう生物を食べて生きてたんじゃないのか?
541: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:07:43.00 ID:

そういやウルトラマンAは雪男ネタに食いついてなたな
542: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:08:10.01 ID:

高島忠夫が↓
543: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:08:23.33 ID:

朝鮮人のDNAだってウニのDNAとほぼ一緒
544: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:08:48.73 ID:

UFOは分からないけど宇宙人の正体は分かったんだよな?

大槻教授が「それは、ただのアメリカ人です」って言ってたよ。
548: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:11:22.77 ID:

そもそも北極からヒマラヤまで移動する間に暑さは死んじゃうだろう
ヒマラヤは標高が高いから涼しいだけで平地は白クマにとっては暑いよ
そんな苦行をしてまでヒマラヤに上る必要は皆無
550: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:12:49.92 ID:

熊だとしても飯の問題解決できないような・・・
ヒマラヤって思ったより食べ物豊富なのかなー
551: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:12:54.16 ID:

なぜホッキョクグマがヒマラヤに?という発想が良くない
もともと世界は、天上のヒマラヤだったのだ
天上の生物が次々と下界に降りてきて、わずかのホッキョクグマだけが
ヒマラヤに残ったのだろう
552: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:13:28.18 ID:

あと、生物の不思議だけど
ラクダというのは滅茶苦茶、独自の奇跡を遂げた異常な生物なんだよな。
水を平均100リットル飲むけど、血管内に水が移行して
血液をめっちゃ薄めて体内に保留する。
しかし、他の生物が真似をすると水中毒で即死するし、浸透圧の関係で赤血球が破裂する。
また、魚類しか持ってない瞬膜という構造を目に持ってて
目を開けてても砂が入らないし、針だらけのサボテンを食べても大丈夫なように舌が出来てる。
さらに膝とかお腹に座布団みたいのがあって焼けた砂の上でも普通に座ったり寝そべられる構造になってる。
560: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:16:25.45 ID:

>>552

もはや生物兵器の領域だな
553: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:13:32.44 ID:

ゴーロン星人って、いちばんイエティっぽい宇宙人だな。色は茶色だが。
あと、サンダ対ガイラにでてくる獣人とか、あのあたりがイエティのイメージに
近いなあ。
558: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:14:32.99 ID:

ま、ネイティブアメリカンを見て「インディアンだーっ!」って早とちりする
欧州人ですから、イエティーは実は「白熊の古代種だったんだーっ!」って
言い出す奴が出て来てもこれまたいつもの事。

彼等は「自分らが安心できれば」それで良いのじゃ。自分が安心する為の理由
が欲しいだけなのじゃ。イエティー?別にイ(・ェ・)ティーもいいじゃ
なーい?って思えない欧州人こそ、哀れ。。
559: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:15:43.69 ID:

ベールに包まれてた方が想像が膨らんでいいと思うけど、大人は夢が無いね。
宇宙人も実はちっちゃいオッチャンとか言いそう
586: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:28:47.34 ID:

>>559

そんなに夢がないとはおもえんけどな
むしろ知識があればあるほどこの発表には興奮すると思うがな。
科学的にはかなりのロマンあるぞ。
561: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:16:39.67 ID:

猿人ブームってのも昔あったねえ。猿の惑星が上映されたころか。
最近、猿の惑星がリメイクされたそうだが、超つまらなかったという
話だなぁ。
575: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:23:45.48 ID:

>>561

猿人を扱おうとすると、現代人は二つの壁にぶちあたる。一つは猿人進化と
現代民族分布とのナマナマしい関係に着手しなきゃならなくなる点と、もう
一つはカリバリズム(食人)時代に着手しなければならなくなる点。(脳の
発展の為にはカリバリズム時代が過去に絶対あった筈である、と言う説も
ある)

この二つの壁があるので、猿人進化から現代人への「スムーズな一貫説明」が
できないでいるのさ。民族問題やカリバリズム問題に正面から向き合える
学者も学閥も、そうそうないからねぇ。だからブームに波ができる。
589: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:29:56.89 ID:

>>575

人類学が過去に悪用されてたというのは、そんなに大昔の話じゃ
ないからねえ。人類学と政治的正しさはどのような関係にあるべきかって
現代でも議論されてるテーマなんだってねえ。

カニバリズム時代か。 カニバリズム自体はいろんな時代や場所で
みられたものだね。人類史上にカニバリズムの時代があったという
ことなら、それは古代において相当な長期間つづいていたわけだろうね。
597: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:36:21.43 ID:

>>589

そーなんです罠。だから類人猿から猿人原人そして現代人を、どーにかして
繋ぎたいと言う学問的欲求は、現代民族分布とカリバリズムの両方を存分に
明らかにせざるを得ず、従ってバイアスがかかってしまうんだなぁ、と。

まあ、過去と現在をごっちゃにする方々も現代でも少なからずいますから、
仕方無い学閥現象なのかもしれませんねぇ。(ため息)
602: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:39:52.71 ID:

>>597

まあ~仕方ないことだよね。 人類学自体は存続してるんだから
学問的な研究はやれるでしょ。日本の霊長類学はかなりの水準と
いうし。日本人類学会というのも現存してるし。ヤブヘビつつくような
言動したら、騒ぎになって人類学の研究は停滞するだろうから
そのあたりは十分注意するべきだろうけど。
604: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:40:49.01 ID:

>>602

犬山のモンキーパークはまさに世界レベルの猿動物園らしいね。
誰も行かないから経営的には駄目すぎるけど。
608: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:43:19.26 ID:

>>604

犬山といえば犬山城もあるよねえ、一度はいってみたいなぁ。
613: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:44:56.75 ID:

>>608

犬山明治村もあるよ。
俺の中では明治村>>犬山城だった。
すぐ近くにあるから両方まわるのがベター。
モンキーパークだけは同じ犬山市でも少し遠いんだわ。
猿しか居ないし、犬山市に行っても見る気にならない。
617: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:46:40.14 ID:

>>613

俺は金糸猴が来た時に親に連れられて見に行ったな
619: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:46:53.65 ID:

>>613

明治村もあるねえ、犬山。 星新一がエッセイで明治村やモンキーセンターの
ことを賞賛してたのを思い出したな。

珍しい猿がいるなら、写真を撮りにいきたいね。モンキーセンター。
624: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:49:13.97 ID:

>>619

あと、リトルワールドもある
634: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:56:19.46 ID:

>>624

犬山観光案内みたら、野外民族博物館なんだってね。
あと、ゲーム博物館ってのもあるんだな。これはゲーム好きとして
見に行きたいねw
637: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:59:14.11 ID:

>>634

犬山市は一応、観光都市として有名になろうと
めちゃんこ頑張ってはいるよね。
名鉄の元社長も犬山市に莫大な土地を寄付して明治村を作ったそうだし
盛り上げようという努力だけはある。
問題としては名古屋に行ったついで、という需要しかないのがイタイね。
ほとんどの人は名古屋から名鉄特急経由なわけだし。
649: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:08:34.37 ID:

>>637

新幹線でいくか、自動車でいくか…
654: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:12:09.59 ID:

>>649

でも名古屋自身も観光地が全然ないから
犬山市の存在は助かってると思うよ。
大体、名古屋で宣伝してる観光地ってテーマパークが多い犬山市か
タコで有名な日間賀諸島だもの。
外国人とか名古屋城を見たあと、見るものがなくてトヨタ博物館とか行って
しょげかえって帰国する話は有名だしね。
せいぜい名古屋で後悔しない観光地って、あとは名古屋港水族館くらいだと思う。
660: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:15:43.87 ID:

>>654

名古屋だったら、他に科学館のプラネタリウムと東山動植物公園は
見ておいて損しないよ
614: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:45:28.22 ID:

>>604

ゴールデンライオンタマリンには気をつけろ
598: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:37:25.22 ID:

>>575

現生人類はかなり少ないトコから再繁栄してるらしい
遺伝子を調べるとボトルネックがあって
8万年前のスマトラ島の大噴火(トバカタストロフ)で
絶滅寸前までいったからとかいう説を読んだことがある
563: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:17:26.02 ID:

へー、熊の仲間か。
だったらありえる話だな。
564: 〈(`・ω・`)〉Ψ ◆EQUALRGQWc:2013/10/20(日) 19:17:28.32 ID:

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
565: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:17:59.33 ID:

メンインブラック=葬式服な
考えたらマトリクス地底人の地中の船はメソポタミアの王様の名前だったなあ
地底のトカゲ人結社と黒服テンプル騎士団は対決してるのか
568: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:19:56.16 ID:

猿人ってのは、人間にとても近い種族ということで、いろいろ
想像力を刺激するんだな。 熊だと猿人ほどの想像力への
刺激はないなw
569: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:20:09.04 ID:

えーっと、つまり日本にホッキョクグマが居たって事か
572: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:21:13.66 ID:

>>569

マンモスとワニは居たわけだしホッキョクグマが居てもおかしくはないわな。
571: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:20:37.08 ID:

ちょっと待ってくれよ
イエティのDNAは採取できたのか?
574: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:23:44.17 ID:

つまりイエティと白熊のカラミは合いの子が誕生する可能性があるって事か
576: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:23:49.95 ID:

あと、なんつったっけかな
古代エジプトの遺跡や船が南米から結構見つかってるんだよな。
数千年前に南米とアフリカで交流があったとは考えづらいが
移籍は次々と見つかってたはず。
583: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:26:49.80 ID:

>>576

>古代エジプトの遺跡や船が南米から結構見つかってるんだよな。

これは知らないけど、ほぼ日本人だけに見られる遺伝的な病気の遺伝子と同じ遺伝子が
南米の古代の人骨から見つかっていて、その場所から縄文土器と同じ模様の土器が多数見つかってる、

てのは事実だよね。

だから、縄文時代の日本人が南米に渡っていたのはほぼ確実。どうやって渡ったのかは不明。
587: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:29:12.23 ID:

>>583

逆に南米から日本ってのは海流的に無し?
611: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:44:09.44 ID:

>>583

日本の場合、王朝が一度入れ替わってるから
超古代文明が持っていた技術や文字が完全に放棄されて
中国産の文字や文化に入れ替えられて超古代文明がいかなるものであったかを探る手立てが
ほとんど抹消されてしまってるからな
625: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:49:29.76 ID:

>>611

kwsk
577: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:24:43.18 ID:

白熊がヒマラヤに居た可能性としては氷河期で世界中に繁殖していた白熊が
温暖化で寒冷地を求めて山を上ったと言うことか
578: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:24:46.99 ID:

2chのAA的なクマがイエティの招待だったのか。
580: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:26:35.86 ID:

ショートフェイスベアの生き残りか
584: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:26:50.32 ID:

まあ富士山の上の方に柴犬がいるぐらいだから、熊ぐらい居ても不思議じゃないな
585: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:28:45.24 ID:

ま、実際UMAやUFOや宇宙人を見つけてしまうとだな。ブラックマンが
訪ねて来て、「ピカッ」っと。。おや、誰かが来たようだ。。
590: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:31:01.90 ID:

つい最近、南米だかアフリカで一気に数百種の蛙とか見つかってたよね。
なんだかすげえ毒々しい色をした蛙とか、2ちゃんで見た気がする。
591: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:31:45.41 ID:

ま、実際神や奇跡を目の当たりにしてしまうとだな。法王庁の方から来ました
って人が訪ねて来て、「認定書」をっと。。おや、誰かが来たようだ。。
592: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:32:11.70 ID:

ヒマラヤ
http://www.conservation.org/global/japan/priority_areas/hotspots/asia-pacific/Pages/Himalaya.aspx

ヒマラヤのホットスポットはエベレストに代表される世界で最も
標高の高い山岳地帯です。 これらの山々は、急激な隆起により
形成されたことから、草原や亜熱帯の広葉樹林、樹木限界ラインを
超えた高山の草地まで、多様な生態系を有しています。

標高6,000メートル以上で維管束植物が確認できるほか、
コンドル、トラ、ゾウ、サイ、およびアジア水牛を含む
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
多数の大型鳥類と哺乳類の重要な生息地となっています。
593: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:33:08.03 ID:

>>592

ヒマラヤにはゾウやサイもいるのか~すごいね。一度見に行きたいね。
594: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:33:16.26 ID:

>>592

虎や象が居るんじゃ、逆に熊が居ない方が不自然なくらいだわな。
居るんじゃね?ホッキョクグマ。
595: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:33:54.79 ID:

>>592

ゾウ、サイ


・・・平山、すげえw
596: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:35:13.28 ID:

でも熊見慣れてる人たちがいつもよりちょっとでかい熊と人型の生き物見間違える?
599: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:37:36.46 ID:

>>596

生態数は少ないんじゃね?
数年に一回見るかどうかくらいに。
それなら「なんだあれ?人間に似てて毛がふわふわしてる動物だぞ」
くらいの認識でも不思議じゃない。
俺等も狼と野生の犬の区別を明確にはつけられない。
600: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:39:00.91 ID:

>>596

熊が二足直立してる時なんか、「あれ中に人が入ってるだろw」と思えることはあるよw
607: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:43:07.31 ID:

>>600

みんながパンダと呼ぶ生き物
アレ、絶対人が入ってるよな
601: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:39:06.59 ID:

科学の進歩は素晴らしいけどそっとしておいてほしい部分が一つ一つぶち壊しになるのはなんだかな
603: 保冷所 ◆Z/DNfeC8aU:2013/10/20(日) 19:40:03.94 ID:

(#゚Д゚)<仮姿の あらイエティ
606: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:42:42.60 ID:

そういえば昔TVで紹介してた中国のジャイアント馬場似の野人とやらは
なんだったんだろう。
609: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:43:21.24 ID:

雪男、よく来たね?
610: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:44:09.20 ID:

ホッキョクグマはイエティだったのか
すげえ!
612: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:44:40.69 ID:

古代白熊新聞より抜粋
「アルプスを制した我々白熊探検隊は、いよいよ次は世界の最高峰エベレストに
挑戦すべく、今現在隊員を厳密に選別し、苛酷な訓練を重ねているのであった」

→遭難。そして一派インドで土着化、一派ブータンで土着化、と見た。
615: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:45:51.90 ID:

古代種なら別のロマンがあるだろうよ
616: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:46:17.82 ID:

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/382080.stm
   ↑
絶滅は確定していると誰もが疑わなかったバーバリライオン、
全長は3mを超え、とにかくデカイライオンだけど
2007年に野生での固体が生存しているとBBCで報じられた
620: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:47:37.74 ID:

>>616

すげえな。 普通のライオンとは交雑しないのか?
630: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:53:49.33 ID:

>>620

ごめん、知らんw

こんだけデカければ、プライドと言われるライオンの群れなんか
一撃で乗っ取れるし、盛大に繁殖してるはずだけどそうではない、
ということは、通常サイズのライオンとの交配は、バーバリのほうが
避けてたのかもね。

北極の白熊もそうだけど、一見、共食いしてるように見えて
近縁の熊は襲っても食わないとか、動物には不思議な能力がありんす
シマウマの子供は、親の模様を見て探すとか、枚挙に暇がありません。。
639: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:59:38.16 ID:

>>616


ライオンの中で一番大きい最強のライオン 

ローマ時代にベンガルトラと闘ったライオンで有名だね    

記録では10回闘いベンガルトラの七勝三敗
643: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:02:11.16 ID:

>>639

もしかし、ブランド品として有名なバーバリーって
このバーバリーライオンから名前をとったりした?
650: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:10:21.71 ID:

>>643

トレンチコートで有名なバーバリーは創業者の名前から
648: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:06:37.58 ID:

>>616


ライオンの中で一番大きい最強のライオン 

ローマ時代にベンガルトラと闘ったライオンで有名だね    

記録では10回闘いベンガルトラの七勝三敗
618: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:46:48.20 ID:

つまり、シロクマと人間は非常に近い生物ということになりますね
621: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:48:18.28 ID:

 
まぁ
ホッキョクグマの毛皮をかぶってるだけなんだけどな。
622: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:48:33.25 ID:

何年か前に、雪男の頭の皮とされるものが熊の皮だっていう調査結果出てたしな。
623: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:48:38.24 ID:

北極か。
なるほど。
ゴマフアザラシと友達な訳が分かった。
626: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:49:47.10 ID:

ライオンで思い出したが
タイゴンというのは普通の虎やライオンより、ずっと大きいんだよな。
逆にライガーというのは虎やライオンより小さい。
どちらも子孫が出来ない事が知られている。
683: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:41:42.91 ID:

>>626

逆。
ライガーがでかくタイゴンが小さい。
雄ライオンとメストラならライガー。逆ならタイゴン。
一方、性質はライガーは外見に似合わずおとなしく、
タイゴンは獰猛とされている。
627: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:51:10.16 ID:

東アジア人と同じ遺伝子が南北アメリカ大陸で見つかってもなんら不思議は無い

①ムー大陸があったじゃないかー
②ベーリング海峡は氷河期には渡れたのよ ←(現在有力)
③子供の頃は空を飛べたよー

俺個人は、既に紀元前には黄色人種は「空を飛ぶ技術」を有していたと考え
ている。ハンググラウダーのように・熱気球のように飛び回っていたのだが、
たまたま骨組みも布地も自然素材(さすが黄色人種のご先祖様!エコロジー
♪)だったのでその証拠が現存していないだけなのさ。
629: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:52:56.35 ID:

>>627

ポリネシアやミクロネシアのどんな小さい島にも土人が住んでるわけだし
普通に船に乗ってアジアからポリネシア経由とかで渡ったんじゃないの?
633: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:56:16.86 ID:

>>629

わかりました。以下も追加しておきましょう
④ポリネシア・ミクロネシア→イースター島→南アメリカ海上ルート

(しかしこの場合は①が若干不利になってきまつね。。)
632: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:55:56.95 ID:

>>627

そんなこと言わなくても3万年前のスンダランドを忘れてないかい?

スンダ人が縄文人であり南米人なんよ

なぜこんな当たり前のことを学者は黙殺してるのかねぇ
636: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:58:26.80 ID:

>>632

ううう、すみません。当方の勉強不足でスンダランドはあまりよく知りません。
差し支えない範囲で結構ですので、教えてたもれ。
642: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:02:02.45 ID:

>>636

いやー実はおいらもNHKだかでチョット見た程度なんだすまぬ
しかし氷河期には今のタイからフィリピンにかけて温暖な一大大陸があった
のだからそこでモンゴロイドが大発展して各地に分散したのは間違いない話なんだが
なぜかベーリング海を渡ったとか樺太から北海道にきたばっかりでしょ
そうじゃないつうんだよね
646: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:05:50.87 ID:

>>642

スンダラオンドをウィキってみた。
スンダランドやサフールランドがあって
アジア・オセアニアは凄く広く交流があったのか。
面白いなこれ。
647: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:06:15.38 ID:

>>642

つまり、ベーリング経由北米エスキモーより、スンダランド経由イースター
おめでとう南米インディアンの方が、先だったワケですねっ!?

高まる!(本件と関係無いところで高まって皆さんには申し訳無い。。)
655: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:13:16.64 ID:

>>642

タイのタイ湾側のサムイ島とかタオ島の周辺をスクーバで潜ってみると、結構な沖に行ってもずっと海が浅くて、
水深30メートルとか、せいぜい40メートルくらいなんだよな。
ここは昔陸地だったんだなーっていう
のを実感する。
657: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:14:42.38 ID:

>>627


 そんな簡単な原理であって「当たり前のように普及していた技術」なら失われるわけがない。
628: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:52:36.26 ID:

古代クマが生き残ってて進化したんじゃないか?
それはそれでスゲーと思うが
631: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:55:52.93 ID:

あとDNA検索したら
アフリカ象は単一遺伝子じゃなくて2種類だか居て
しかも、その遺伝子の相違たるや、マンモスと象より離れてたんじゃなかったっけ?
これも2ちゃんニュースで最近見た気がする。
635: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:57:44.38 ID:

古代のホッキョクグマとか逆にイエティよりすごくね?
638: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 19:59:38.32 ID:

東南アジアあたりにあった大陸だっけ。
640: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:00:41.54 ID:

発見した毛がホッキョクグマのものだっただけでイエティのものと勝手に勘違いしてただけだろ
641: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:01:22.25 ID:

スカイリムの一番高い山に居たあれか。
644: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:02:36.58 ID:

>>800
で川口隊長からお言葉があります。
645: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:02:45.62 ID:

なるほど、東アジア→スンダランド→ムー大陸→南北アメリカか。。
パネェ♪ご先祖様。。チョモランマ白熊にマケテネー♪
651: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:10:32.69 ID:

では、スンダランド人→日本に来る途中で一派がエコロジーハンググライダー
でムー大陸へ→そして発明したての気球に乗ってどこまでもで南米

よし。これでナスカの地上絵の謎も解けた!ありゃ、ランドマークだ。ガチ。
656: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:13:47.85 ID:

>>651

ムー大陸はいらんだろーw
途中のどっかの南洋の島まで行けばあとは海流で南米に
もっとも死ぬような目に遭うだろうが・・・
生き残れば辿りつける。つけば温暖でメシは食えるはず
661: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:16:26.37 ID:

>>656

海水飲んだら死ぬなんて長年真実として信じられてきたけど
漂流民の話を聞くと「普通に海水を飲んでたよ」なんて話が多いから
実は大昔の人はわずかな食糧を持って大海に出る事が多かったかも。
魚さえ取れれば、そっから栄養も補給できるし。
688: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:44:14.76 ID:

>>661

海水を飲料水代わりにはできんよ。
生魚食えば海水ほど塩分濃度高くないから、
水分と栄養両方摂取できるが。
855: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:52:22.98 ID:

>>688

皮で濾すだけで飲めないかな
それで飲めるようになるなら皮袋一つでどこまでも行けると思うんだが
895: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:52:25.22 ID:

>>855

ランビキ 漂流
で検索すると幸せになれる
750: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:23:32.39 ID:

>>728

これみると明らかに日本から朝鮮半島に行ってるよね・・・。
753: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:34:44.96 ID:

>>750

もう一度、良く矢印を見るべき。朝鮮半島の上は、”人類” が通過してない地域なんだよ。
652: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:10:44.66 ID:

河童って頭にサラあるし水を頭からかぶる詩
日本じゃ西遊記に河童いれてるし宗教系秘密結社の護衛というか守護神というか
肌が緑なんで古代エジプトオシリス神(フリーメーソン棺結社)とイエズス会修道士の合体かな、と思ってた
662: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:18:43.81 ID:

>>652

ユダヤ教の頭に皿を乗せたみたいな小さな帽子をキッパという
653: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:11:53.67 ID:

ヒグマとホッキョクグマの交配ってのは例えていうと
黄色人と白人?黒人?インディアン?アボリジニ?アイヌ?
その他川口探検隊が遭遇する未開の土人?

なんか夢がねぇな
658: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:15:02.89 ID:

>>653

この場合は黄色人とアイヌに近い。
665: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:23:09.29 ID:

>>658

黄色人とアイヌなんて日本に多数居るんだろ?
自分は出会ったことないけど
雪男ってもっと特殊な能力持ってて欲しいわな(願望
659: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:15:30.16 ID:

> 元ネタの写真知ってるけど
見せて
664: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:20:02.05 ID:

イエティ生け捕りにして、そのDNA調べてから結論だせや。
667: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:24:06.83 ID:

たいへんだ!!

雪男のメスが捕まったぞ!
668: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:24:17.35 ID:

探しても探しても見つからない。
ゆきお!
どこー?
669: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:25:18.21 ID:

これはスレタイが悪いわ、皆普通のホッキョクグマと勘違いしてるじゃねーか
ホッキョクグマの前に「古代の」と付けとけばスレの流れも全然違ったろうに・・・
673: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:32:29.83 ID:

直立した熊って、後足の感じがなんか人っぽいんだよな
674: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:32:51.90 ID:

今日、天満橋で白熊見たよ。
676: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:34:14.40 ID:

言っとくけどコレ、UMAのロマンが無くなったって話じゃないからな
大回転の証拠が見つかったって話だから
677: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:35:31.85 ID:

            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /           \
         /              ヽ 雪男はキミの心の中に
   / ̄\ l      \,, ,,/      | 生き続けている!!!
  ,┤    ト |    (●)     (●)   |  
 |  \_/  ヽ     \___/     |  
 |   __( ̄ |    \/     ノ 
 ヽ___) ノ
678: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:35:36.76 ID:

雪男はとても賢いので
簡単に証拠を出したりしないのですぞ
679: 通りすがりのスパーリングパートナー:2013/10/20(日) 20:37:30.41 ID:

全力で保護しろよww
681: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:39:31.96 ID:

信じるか信じないかは俺次第だ
682: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:39:50.73 ID:

何でも解明すればいいってもんじゃないぞ?
夢を潰すなよ。
684: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:41:51.36 ID:

森山ゆきたろう
687: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:43:29.93 ID:

DNAが完全一致したならホッキョクグマだろ
毛の持ち主がイエティであるって誰が決めたんだよ、その毛がホッキョクグマのものだったってだけだわ
690: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:45:53.21 ID:

ヒマラヤには ヒグマもいればツキノワグマもいるからな 
692: 安い女 ◆0MANkO//.2en:2013/10/20(日) 20:57:00.37 ID:

なんでわざわざ4万年~12万年前のホッキョクグマの遺伝子パターンと比較するのw
現在のホッキョクグマの遺伝子と比較したら何か問題なの?
695: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:59:35.76 ID:

>>692

データベースで検索かけたら、ヒットしたのがそれだったかと
現在のホッキョクグマとは遺伝子が別系統だと思われ
698: 安い女 ◆0MANkO//.2en:2013/10/20(日) 21:14:49.13 ID:

>>695

今は遺伝子検索してみたら、現在の動物より先に何万年も前の動物が先に出てきちゃう世の中なのね・・・
693: ロバくん@モバイル:2013/10/20(日) 20:57:56.86 ID:

ワルノモには内緒な…>|ェ)・)ノ
694: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 20:58:30.98 ID:

面白くない世の中だ
俺は信じたい 河童、天狗、雪女、神隠し、生霊、口裂け女
696: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:00:25.88 ID:

なんだか残酷な話だね
699: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:16:04.19 ID:

まあ葛生原人のようなこともあるからな。
700: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:19:02.04 ID:

つちのことサンショウウオのDNAが完全に一致!!
701: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:22:13.78 ID:

なんかよく分からないな・・・

イエティのDNAはそれと信頼できるものなのかな?
702: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:23:51.75 ID:

いやいや、それはホッキョクグマで、

イエティはまた違う所にいるんだよ、

雪男はまた別に日本にいるんだし、

それをごちゃごちゃに間違うなよwwww
703: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:24:53.94 ID:

ヒマラヤ地方から古代ホッキョクグマの毛が出てきたのは確かだろう。
これまでノルウェーの果てであごの骨しか見つかってなかったのに。
704: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:25:16.27 ID:

ホッキョクグマの奇形がイエティなんだろ
705: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:26:08.16 ID:

古代ってスレタイに入れろよ
706: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:26:23.98 ID:

わかってても白いゴリラってことにしといたほうがおもしろいのに
707: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:31:10.10 ID:

>雪男だと思われる動物の毛

素晴らしい信憑性。
711: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:44:20.21 ID:

>>707

そこだよね、なんでその毛が雪男の物と確定した状態で話を進めてるのかって事だよ
最初からホッキョクグマの毛だった可能性を考慮すれば、雪男は他に居るってロマンがまだ残るのに
708: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:36:36.11 ID:

つまり、イエティのベースはホッキョクグマです
が、現在に至るまでどういう進化を遂げているかは不明です
って事だろ?
709: 槍騎兵 ◆YARI3Eg7m6:2013/10/20(日) 21:42:12.71 ID:

雪女の伝説よ永遠に
710: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:42:42.25 ID:

確かに似てるよね
白い毛むくじゃらだもの
そうか白熊がいたのか
なるほどなるほど

ということは
ヒバゴンはツキノワグマ…?
712: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:47:55.52 ID:

それはイエティーじゃない
713: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:52:37.57 ID:

ネッシー、妖精が作られた写真だったり
UFO着陸の畑がおっさん二人で作ったものだったり
どんどん暴かれているな、
714: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:53:02.95 ID:

つまり雪熊だったわけだ
715: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:54:07.71 ID:

ムーおわた
716: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:54:11.96 ID:

なんにせよ現代に古代(絶滅)の動物の毛が発見されてるって
夢あるけどな
717: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:55:43.52 ID:

例の韮澤さんみたいな人が宇宙人の証拠品を募集します、とかやると
からかってやろうとトンデモな証拠品を送る奴等がいるんだよ
金星人の声のカセットテープとかwww
どっかの研究者が保管してた古代熊の毛をこの教授に送って仲間でからかってるんだろなwww
720: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 21:56:38.03 ID:

えーと……
その毛を雪男と思った根拠は?
721: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:08:57.30 ID:

お母さんが北極でお父さんが熊なんだよ
722: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:16:39.93 ID:

コーヒーにする? ↓
723: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:22:27.39 ID:

ここが今日のくまスレか
725: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:37:46.09 ID:

古代のネトウヨ
726: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:42:52.79 ID:

つまりヒマラヤに古代ホッキョクグマの末裔がいるかもって事か?
それはそれで凄いんじゃ無いかと。
727: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:46:42.43 ID:

雪男じゃなくて雪オスだったのね・・・・メスかもしれが。
729: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:49:36.17 ID:

ネッシーはいて欲しかった
730: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:57:05.72 ID:

俺んとこにはゴエティが出る
739: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:09:49.11 ID:

>>730

うちは子供がゴエティパンが大好きです
731: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:58:18.87 ID:

ヒマラヤで雪男が出没し、何やらマタギを巻き込んだ一大騒動に。
http://maru-sabaneko.blogspot.jp/2010/12/blog-post_6.html

マタギを再出動しないと・・・今度こそ仕留めるんだ。
732: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 22:59:16.83 ID:

つまり、イエティと呼ばれた物自体は実在したということか。
733: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:04:08.09 ID:

生きた化石か
734: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:05:39.60 ID:

と言うことは、イエティに会ったら、逃げなきゃ喰われると言うことですね。
735: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:05:45.32 ID:

世界中に未確認の霊長類の話があり、それらは一様に人間の女を攫うとか、
追いつめると姿が消えるなど怪談めいた類似点が多い
クマならクマと認識できるはず
動物を見慣れていない我々なら兎も角、野獣と接する機会の多い人達が見間違うのは不合理
738: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:07:56.38 ID:

>>735

ヒマラヤ地域のシェルパが、ヒグマを「イエティ」と認知していたことが判明している。
ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった
744: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:12:58.86 ID:

>>738

って事は現地の人たちは「茶色いヒグマ」に対して、
「ヒグマっぽいけど白い何か」としか認識できてなかったのだな
モンハンの亜種みたい

氷河期に南進してたのが高山環境に閉じ込められて細々と生き延びてた感じか
745: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:15:22.97 ID:

>>744
 言葉の間違いで騒動が大きくなったのは事実だね。
737: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:07:09.87 ID:

結局ホッキョクグマってこと?
740: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:09:55.66 ID:

河童はいると思う。
747: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:21:20.55 ID:

>>740

下等生物のヒトモドキ(キムチ)や童話がいるのだから、河童もいますよ
741: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:10:48.55 ID:

ミステリーサークルってもてない神話研究の男たちが書いたものだって
フリーメーソンの人が言ってたよ
742: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:12:13.14 ID:

DNAが完全に一致なんてありえるのか?
同じ種でも個体によって違いはあるだろう
746: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:17:56.97 ID:

>>742

基本は「染色体の数」だな。
人間は23対だけど、他の生物だと4対から2000対なんてのもある

で、後はどれだけ似てるか、って事になり
人間で言えば99.89%ぐらいが同じで、残りの0.11%ぐらいが個人の違い
743: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:12:23.73 ID:

イエティはホッキョクグマじゃない!! 逆なんだ!!

ホッキョクグマの正体がイエティなんだ、みんな今までクマだと騙されてただけなんだよ。
748: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:21:28.68 ID:

で・・・
ビッグフット?どこいった??
749: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:23:08.17 ID:
752: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:33:45.70 ID:

最近では、シェルパにヒグマの姿を見せたところ、彼らが「イエティ」と認識したことが判明している。
ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった。
1959年、地元住民が日本の登山隊に差し出した「イエティの毛皮」もヒグマのものだった。
2003年にチベットで調査をおこなった登山家の根深誠も、イエティはヒグマであったとの結論を出している。
756: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:35:49.58 ID:

>>752

って事は、今まではいいところ「ヒグマのアルビノ」「雪被って白く見えただけのヒグマ」と思われてたのか
んじゃいい意味で新発見だったんだな
758: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:42:01.88 ID:

>>756
 ちがう。 まれにヒグマをみると 「イエティ見たよ」 と普通に言うわけ。
760: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:48:19.10 ID:

>>758

それで目撃例が多発したり、
白だ、いや茶色だ、っていう混乱が起こったりしたのか

実際に白熊が居たのは今回のDNAが実証したわけだしな
761: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:55:21.34 ID:

>>758

動物園の熊とかを現地の人が見たら、お前らとっくにイエティ捕獲してるのに何探してるんだよ?
とか思ってたのかなw
754: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:35:09.27 ID:

昔話の人さらいの鬼や天狗の元ネタは山賊でいいのか?
767: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:08:16.00 ID:

>>754

間引きしたり、人買いに売ったりしたのを取り繕うための話と思われ

まあ今では子供が大人になるのは当たり前のように思われてるけど、昔は成人するまで生き残るのは大変だったのな。
837: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 09:41:45.69 ID:

>>767

昭和40年代の山の中の村だけど、生まれたはずの赤ん坊が突然消えて、それについて誰も何も言わないって、まだあった。
838: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 10:00:23.91 ID:

>>837

本当ですか?ちなみにどこ地方ですか?
894: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:51:12.99 ID:

>>838

奥羽山脈の中にある過疎の村
896: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:54:24.66 ID:

>>894

生まれつき明らかな重い障害のある子を間引いてたんだな
出生前診断もなかったしサポートの仕組みもなかった時代だから障害が重いと本人も周囲も大変だからだろう
844: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 10:54:48.52 ID:

>>837

犯罪にもならない子捨てとか
案外最近まであったのかも知れないね
755: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:35:29.94 ID:

ヒバゴンで町おこし
757: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:40:47.00 ID:

河童も川に捨てられた奇形児を見間違えた説もあるから熊もそんな感じかもしれんな。
759: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:47:28.23 ID:

(ノ∀`)アチャー
762: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:55:30.07 ID:

人じゃねーじゃんw
763: 名無しさん@13周年:2013/10/20(日) 23:55:45.04 ID:

「マンモスの生き残りがいた!」と同じくらい大ニュースじゃないのか?
768: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:08:34.30 ID:

ケッキョククマかよー
769: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:13:27.53 ID:

ヒバゴンはガチ
771: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:15:44.68 ID:

つまり

K-UMAってことか?
772: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:22:37.25 ID:

1993年まで上野動物園で雪男が公開されてただろ
773: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:22:43.64 ID:

古代のホッキョクグマが生きてるとか、そっちのがロマンあるな
775: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:35:13.50 ID:

>>773

それだ!
774: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:28:04.59 ID:

水曜スペシャルで調査すべき
776: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:38:11.70 ID:

だいたいお前らDNAって何の略か知ってるのか
783: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:05:46.21 ID:

>>776

どない なっとんねん あんさん
777: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:41:13.26 ID:

大豆・納豆・甘納豆
778: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 00:41:38.18 ID:
780: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:01:15.49 ID:

アメリカで、雄ゴリラみたいなのが歩いてただろw
何が北極熊だ
781: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:02:37.97 ID:

さて、となるとこのイエテイ熊なるものの食性を中心とした
生態を推測しなければならないのだが、寒冷地だけにかなりエネルギー摂取
が必要になってくる
植生が貧弱そうなので、大型の草食動物の群生は望めなさそう
782: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:05:30.58 ID:

北極から暑さに耐えながら、歩いてきたの?
784: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:08:02.85 ID:

ばらしちゃ駄目だろw
雪男なんてーのは、直立した熊の姿を見間違えただけという事をw
785: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:08:40.68 ID:

先祖代代に伝わる毛皮を着てるんでは
786: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:20:27.96 ID:

>ヒマラヤ山脈で採取された雪男だと思われる動物の毛

まず、ここからおかしいw
雪男を捕まえてきてそこから毛を採取して鑑定だろ
採取したクマの毛を鑑定してクマである結果が出るのは当然ww
787: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:30:34.38 ID:

節子!それイエティやない、ホッキョクグマや!
788: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:30:41.41 ID:

ホッキョクグマがヒマラヤまで移動したのは世界的な大洪水で説明出来ると思う。
当時、北極海一帯で一大群生地を築いていたホッキョクグマコロニーを大洪水が襲った。
これが陸地ならホッキョクグマだけ流されて終いだったはずだが、運良く流氷の上で難を逃れた
コロニーの幾つかが世界中に散らばった。
その場に留まった流氷の上にいたホッキョクグマ達は水が引いた後、大幅に激減したが再び元の
生態に戻った。
世界中に散らばったコロニーの内、適応出来る環境に流れ着かなかったコロニーはそのまま全滅。
高地で低温のヒマラヤに流れついたコロニーは餌場を広げるために広範に散らばり、現在まで細々
と命脈を伝えていたというところか。
789: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:41:57.54 ID:

って、ホッキョクグマがそんなとこにいたのだけでも大発見?
790: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:45:44.70 ID:

マレー熊はその辺のオッサンとDNAが一致する
791: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:46:28.89 ID:

仮に雪男やら実在しても、あの姿なら熊かゴリラ辺りにDNAってのはそこまで驚く事か?
797: ☆かじ☆ごろ☆ ◆Yz9QIyoH3k:2013/10/21(月) 03:23:25.95 ID:

>>791

幾ら可愛いバニーガールの衣装だってゴリラみたいなのが着れば
ゴリラにしか見えないだろ?
つまりそう云う事。
792: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:47:13.00 ID:

ホッキョクグマ
1日あたり70kmを移動することもあり、年あたり1,120kmの距離を移動した例もある
かなり動けるな 
793: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:48:36.56 ID:

そりゃ本物ですとは発表できないからな
794: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 01:50:16.47 ID:

近代社会の中で生きてる熊みたいな体格と毛並の男って孤独を抱えながら耐えていそう

外見とのギャップでナイーブな気質っぽい

雪男もヒッキーだと推測
796: ☆かじ☆ごろ☆ ◆Yz9QIyoH3k:2013/10/21(月) 03:20:16.07 ID:

イエティの中の人が発注した着ぐるみの素材が偶々ホッキョクグマだった。
798: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:23:42.31 ID:

2~3m級の超大型哺乳類の新種が21世紀に見つかったら、
イエティがみつかるよりよっぽど凄い
799: 保冷所 ◆Z/DNfeC8aU:2013/10/21(月) 03:27:30.38 ID:

(#゚Д゚)<言イエティ妙
800: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:36:53.35 ID:

完全に一致してるならホッキョクグマじゃんw
801: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:40:19.22 ID:

>>800

古代のな
807: ◆65537PNPSA:2013/10/21(月) 04:05:34.99 ID:

>>800

ホッキョクグマを素手で屠って毛皮にして着てるのがイエティだと考えればつじつまが合う
847: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:27:04.78 ID:

>>807

お前頭いいな
802: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:42:37.23 ID:

ホッキョクグマのシーランカンスみたいなもんか。
803: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:53:38.83 ID:

イエティといえばボンボン坂高校演劇部だろ
804: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 03:59:42.23 ID:

カッパとゴブリンのDNAも一致してるらしいよ
810: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 04:14:10.46 ID:

>>804

マジか
805: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 04:02:53.88 ID:

ちょっとおまいら、落ちついて話せ。わけわからん。
806: ◆65537PNPSA:2013/10/21(月) 04:03:22.07 ID:

雪男は絶滅したよ
雪女が冷たすぎたのが原因で
808: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 04:09:00.76 ID:

要するに、ホッキョクグマの亜種のような新種のクマが居るってことでいいのか?
809: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 04:09:07.77 ID:

まだ、俺たちには「フライフィッシュ」がいる!
811: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 04:35:36.75 ID:

>>809

魚のフライの事か?
フィッシュ&チップスって英国の名物料理は激ウマだよねぇ!
830: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 08:46:40.50 ID:

>>809

スカイフィッシュか?
虫の残像だろ
あの夢は瞬時に絶たれたよw
812: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 04:47:35.48 ID:

(´・(ェ)・`)クマー
814: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 05:05:07.26 ID:

まじですか。
815: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 05:07:29.16 ID:

ホッキョクグマが人間に進化したわけか。。。
818: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 05:40:05.42 ID:

二足歩行は完全無視かよ
819: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 05:42:55.37 ID:

鳩山由紀男?
821: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 06:01:45.96 ID:

犯人はヤス
822: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 06:24:02.52 ID:

古代のホッキョクグマは2足歩行してたのかもしれない
823: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 07:44:16.85 ID:

DNA調べるついでにいつごろの物かも調べればよかったのに
824: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 07:45:45.94 ID:

ケサランパサランもウサギの皮だったんだよな。
825: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 07:51:40.44 ID:

イエティよりむしろホッキョクグマの移動の歴史のほうが科学的に重要だろ
826: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 07:55:23.85 ID:

熊ではない
明らかに別の霊長類がいる
クマと唱え出したのが近年
チベッタンもいい加減見つからない物をいるいる言うのに疲れたんだろう
だから最近クマと言いだした
それだけだよ
827: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 08:28:39.60 ID:

クマだけに、くまったくまった(困った困った)ってか
828: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 08:29:18.61 ID:

現生人類を除いたら、青森の日本猿が北限の猿だからなあ。
それほど猿は寒さに弱い。
もしヒマラヤに類人猿が生息していたら、その種は我々と同じく
火を使い獣の皮を身に纏うレベルの文明を持っている可能性が高い。
831: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 08:58:45.82 ID:

ブライアン・サイクスって
レスポールの貴公子?
832: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 09:00:33.40 ID:

スレタイに古代入ってないからホッキョクグマで思考停止してるの多いなw
むしろ絶滅したはずの古代生物のDNAを脈々と受け継いでるのがイエティってことの方がスゴい
繁殖して現代に残ってることになるんだから

突然変異や奇形じゃないってことだからな
833: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 09:03:45.58 ID:

檀君朝鮮によると朝鮮人は熊から進化したらしいから
古代のホッキョクグマが人型に進化しててもおかしくはないな。
834: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 09:08:26.02 ID:

イエティ=くまにん
て事でつか
835: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 09:36:33.62 ID:

答え:元祖 ゆるキャラ
836: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 09:40:13.56 ID:

なんや…、ウーとちゃうんか。
839: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 10:03:48.86 ID:

もし本当に熊だったら、二本脚でスタスタ歩いてる画像は人間だろ
くまもんじゃあるまいに、四足があんな歩き方出来る訳ないわw
840: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 10:08:46.27 ID:

ほんとはとうの昔にばれていたんだけど登山家や研究者が資金集めのネタにしてたんだよな
841: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 10:22:44.25 ID:

拾った毛がホッキョクグマのものだったってだけの話だろ
842: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 10:24:07.89 ID:

ムックってホッキョクグマだったのか…
884: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:33:11.26 ID:

>>842

ムックさんは本物の雪男
隣の自称恐竜はただの着ぐるみですぞ
848: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:27:14.18 ID:

ホッキョクグマを狩り毛皮を着ることで成人と認められる未開部族がイエティ
849: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:29:25.15 ID:

ど~もくんって昔イエティって呼ばれてなかったっけか
850: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:38:55.76 ID:

猿顔の人間がいるんだから
ヒト顔のホッキョクグマがいてもおかしくない
851: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:42:36.74 ID:

雪男の存在が知られるとまずいことがあるんだろう                                     なんてな
852: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:43:22.38 ID:

この教授の見立てが正しいとして、正体がホッキョクグマだったとしても
古代のホッキョクグマなんでしょ?
見つかったらシーラカンス的価値はあるんじゃないの?
853: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:45:51.70 ID:

クマの風貌じゃなかっただろ
854: 通りすがりのスパーリングパートナー:2013/10/21(月) 11:50:53.16 ID:

二足歩行すんのかね
四足歩行してたら人間と間違わないんじゃね?
856: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 11:53:29.48 ID:

わざわざホッキョクグマの毛を取りに行って調べて
やっぱりホッキョクグマでしたってなんだそれ
859: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:06:33.92 ID:

日本の民俗学では、成り立ちの頃に各地で調査を行ったところ、ヤマヒト(山人)と呼ばれる
動物に関する伝承は非常に少なかった。
しかし、残った口碑と江戸期の随筆を照らし合わせるに、山に猿などとは異なる、
大型の類人猿とも原人とも分からないような動物が居り、言語を用いて仲間と交流し、
人里から人間の女を攫っては山の穴居に連れて行って子を産ませるという。
そして何故か攫われた女は年を取る速度が非常に遅く、数十年経って山で猟師が出会うと
少しも年を取って居なかったなどという話が残っている。
思うに時間経過のない異世界の入り口が山の中にあり、そこと交通できる存在だと想定できる。
このような怪物の話は日本はおろか、アジア全土にある。
860: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:11:34.77 ID:

>>854

クマだったら二足で立ち上がる事はよくあるし、たまたま遠くからぱっと見えたのが
その瞬間だったら、雪男…!と思ってしまうだろうなぁ

>>859

ムー乙
867: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:22:06.41 ID:

>>859

女がさらわれて嫁にってよくあるけど
男がさらわれるのはないよな
869: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:24:28.07 ID:

>>859

マタギとは違うの?
独特の文字というか、
文字ではなく繩を独特に結んで文章のやりとりしてたワラザンとか
901: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:10:47.15 ID:

>>869

マタギをお前はなんだと思ってるんだ?
861: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:12:35.80 ID:

ホッキョクグマがヒマラヤあたりにもいる
もしくは居たってだけでもすごいことなのと違うかな。
862: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:13:16.13 ID:

鑑定するDNAがあったってことは

雪男は実在してたって事だよ

その辺が、他のUMAと決定的に違う
863: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:14:59.55 ID:

×UMA
○KUMA
865: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:16:54.46 ID:

>>863

上手いこと言ったつもりか?




・・・上手い
889: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:36:17.93 ID:

>>863

好きだよ
864: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:16:41.69 ID:

ヒマラヤヒグマの事を 

イエティと現地では呼ぶ 

    
866: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:22:02.65 ID:

その古代のホッキョクグマは黒かったのか?
黒けりゃ話は終ったな
868: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:23:33.47 ID:

>>866

ホッキョクグマの地肌は黒いのである。
870: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:25:42.29 ID:

サンカですね?
873: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:27:45.66 ID:

>>867

雪女伝説は?

>>870

あ、それです
880: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:30:53.44 ID:

>>873

あれはさらうんじゃなくて、男がほれてついていってしまったり
雪女に気に入られると氷付けにされてしまう話し
871: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:26:27.63 ID:

北極熊の毛なだけでイエティのものではない。

つまりイエティは北極熊だった、は間違い
872: 美香[じょうだんだもっ♪]:2013/10/21(月) 12:27:03.48 ID:

∋*ノノノ ヽ*∈
 川´・ω・`川 最近彼氏がSEXしてくれない。
           美香のおまんこ臭いって。
874: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:29:10.81 ID:

そもそも本当にイエティの試料なのかどうか
わからんだろw
875: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:29:13.90 ID:

まぁ、北極グマってヒグマと近縁らしいしね。
ヒマラヤにだってクマはいるだろうし、そういう事なんだろう。
876: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:29:34.32 ID:

言っとくが、 現代のホッキョクグマじゃなくて

何万年も前のホッキョクグマの遺伝子と100%一致した、ということだからな

つまり、シーラカンスみたいな熊がヒマラヤ生きてるってこと
878: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:30:35.48 ID:

ヒマラヤクマならともかく、ヒマラヤにホッキョクグマいないでしょーよ
ヒマラヤの雪山にホッキョクグマいたらびっくりでしょ
ヒマラヤクマは冬眠してるんだし
879: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:30:52.19 ID:

逆転に面白いかもな


北極グマと呼ばれる種が世界中にいて
寒いところだけ生き残ったのと考えれば
881: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:31:02.11 ID:

つまりシーラカンスみたいな熊ってこと?
882: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:31:35.86 ID:

世界でいちばん高い山は平山
883: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:31:50.72 ID:

ツ チ○コはDNA鑑定したら人と一致する
885: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:33:58.59 ID:

現地語の翻訳を安易に直訳してミスった結果とかだったり。
887: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:35:10.34 ID:

あなた、そんなこと言えてぃ?
888: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:36:16.97 ID:

ネアンデルタール人やニホンオオカミみたいなモノだな

滅びたはずなのが違う名で呼ばれて生きていたと
890: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:39:08.73 ID:
891: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:44:59.17 ID:

暗闇に対する畏怖、自然に対する畏敬、それが雪男。
科学で啓蒙すべきでないおっと詩的になっちまったぜ‥
893: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:48:45.58 ID:

古代に絶滅したはずの生き物がヒマラヤで生き延びていた
ってことだからな
現代のホッキョクグマと古代のホッキョクグマってのは
ざっくり言うと原人と現代人みたいなもんで
似て非なるモノだからな
897: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:54:43.70 ID:

ところでヒマラヤで何食ってるんだ?
898: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 12:59:00.16 ID:

イエティって雪国に住んでるコミュ障でしょ
899: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:07:24.56 ID:

イエティの実在が未確認なんだから
クマのサンプル調べたらクマでしたってことだけだよな・・・
オックスフォードの名だから記事になっちゃてるけどw
900: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:07:34.80 ID:

チンパンジーとヒトのDNAの違いは1%程度だから雪男とホッキョクグマもちょっとの違いで大違いなんじゃないか?
902: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:11:30.72 ID:

羆とかツキノワグマならまだ納得するが、ホッキョクグマはねえだろうよ
…というのがここまでスレが延びた理由だろ?
903: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:11:31.05 ID:

せめてゴリラの亜種にしてくれよ。
ロマンってものをわかってねーな!
904: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:12:06.56 ID:

ムー編集長が↓
905: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:15:50.11 ID:

北極熊の毛皮きてる猿人なの
906: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:15:59.04 ID:

なーんだ!ネッシーや従軍慰安婦みたく存在を捏造された生物じゃなかったんだ?
しかしネッシーを捏造した人は良心の呵責からネタでしたと世界に発表してから死んだのに、もう一方はネタばらしも謝罪も無しだな~~
916: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:04:31.74 ID:

>>906

>>518

慰安婦は別に捏造じゃない。

白馬事件もあるし、日本の軍や警察の当時の資料が残ってる。
国が集めて、軍が慰安所運営して、騙して連れて行く、一部で拉致連行(確認されてるもの白馬のみ)があったもの


慰安婦は民間の売春じゃなくて軍と内務省などがやっていた国の事業だよ。
あと、日本人女性も日本人業者に騙して連れてかれて、多数逮捕されいて
裁判で有罪になったのもいる。それらの業者は、軍と内務省から直接依頼され、
送り先の領事館から身分証明書ももらっていた正式日本人業者。

これが日本政府が調査した当時の文書からはっきりわかることだよ
921: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:11:53.25 ID:

>>916

九割が文盲で、どうやって騙したんだ?
韓国語が堪能な同胞人に騙されたんだろ。
ゼゲンとか、父親(本当は義父かもしれない)とかに。
928: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:44:47.06 ID:

>>916

中身は民間の娼婦。
戦地は軍の管理下であり、将兵の性病予防などの管理の必要性から管理(娼婦だけでなく
将兵も対象ね)の為に指定するなどした。
外国に行くのだから渡航手続きなどはそりゃ政府関係だな。
ただね、「従軍」がつく身分じゃないんだよ。
業者に戦地で将兵相手に営業する許可だしてるものであって軍属ではない。
907: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:17:48.35 ID:

>ノルウェー北端のスバールバルで見つかった

北端って
本土の北端じゃなくて離島なんだな
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/zatsu/iroiro.html
908: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:22:10.18 ID:

高知にヤマチチと呼ばれる怪物の話があるが、これも似たような山の未発見な動物だと思われる。
ある話では、ヤマチチは昼でも樵たちの仕事場に現れるので、握り飯を遣ったところ
仕事を手伝うので、木を一本運ぶのに握り飯ひとつと約束して運ばせたとある。
ヤマチチは人間よりやや背が低く、全身灰色の毛が生え、片目は異様に大きいがもう片方は
非常に小さいといい、鋸などを放り出しておくとバリバリ噛み砕いて食べるほど顎と歯が
丈夫に出来ているという。
909: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:29:40.85 ID:

ビッグフットは
ビッグフットだけは類人猿的なもので居てください。
910: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:33:13.77 ID:

ホッキョクグマは実はイエティだったということか。
911: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:34:28.65 ID:

夢しぼみまくりんぐ>1
912: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 13:35:38.19 ID:

関係ないけど
オリバー君はどうなったんだろ
914: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:00:49.19 ID:

スゲー!!!!!!!!!!
915: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:04:16.93 ID:

    |┃三     ∩___∩
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |  <話は聞かせてもらったクマー!
____.|ミ\___|    ( _●_)  ミ
    |┃=___    |∪|   \
    |┃ ≡   )   ヽノ   人 \ ガラッ
917: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:07:22.82 ID:

もともとヒグマが北極に特化したのがホッキョクグマだよな
イエティって普通のヒグマの可能性もあるなw
922: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:17:14.21 ID:

>>917

普通のヒグマだと、現代のヒグマの遺伝子と一致するはずだな
918: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:08:43.70 ID:

イエティは実在したんだな。
919: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:09:51.91 ID:

じゃあカバティはなんなんだ
920: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:10:55.94 ID:

水木しげるが慰安所行ったら長蛇の列で買えなかったっていってたな
一日に百人ぐらいとやるらしいよ慰安婦
朝鮮人慰安婦は下級兵士用だって
923: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:19:32.33 ID:

事実はつまらない結果だな。
924: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:24:26.95 ID:

ロマンがまたひとつ消えたなw…Orz
925: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:28:59.47 ID:

>>924

21世紀に大型哺乳類の新種発見だなんて十分ロマンじゃないか。
926: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:37:52.76 ID:

雪女って寒い所って比喩してるだけで実は普通の女だろ
929: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:45:31.20 ID:

>>926

雪山とかで低体温症で素っ裸で凍死している仏さん見て、最後に女が現れたのか?
ってな事で、後世の人が作った雪女伝説を聞いたな。
山の神は女でイケメンは生きて返さないとか。

現代じゃ山女も多いから、イケメン雪男伝説も生まれるんじゃ無かろうか?w
930: 名無しさん@13周年:2013/10/21(月) 14:46:55.67 ID:

>>926

雪女の正体は普通の女では無く
東北の厳しい冬の寒さの象徴だと思う