1: ◆sRJYpneS5Y:2014/07/17(木)20:58:39 ID:

 日経ビジネス7月14日号の特集「コンテンツ強国へ この“熱狂” を売れ!」は、18歳のオーストリア人女性のエピソードから始まる。特集の見開き扉ページではコスプレをしてポーズを決めている。
 彼女を取り上げたのは、彼女が日本の「Otaku(オタク)」文化にハマる外国人ファンの象徴に思えたからだ。日本のアニメ・マンガ・ゲーム・コスプレ・アイドルに精通し、日本語も不自由なく操る。
 彼女は、なぜ日本にハマったのか。その経緯は日本のコンテンツ産業に様々な示唆を与えてくれる。
(文中敬称略)

 6月下旬、秋葉原。オーストリア・ザルツブルグ出身の女性をモデルに、特集向けの撮影を行った。彼女の名は「ケーキ姫☆優海」。 2010年1月、動画サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」に動画を投稿して以来、そのハンドルネームで活動している。

 やはり秋葉原は外国人の姿が多い。相変わらずメイド服に身を包んだコスプレ姿も多い。その中にあっても、人気のオンラインゲーム「艦隊これくしょん」のキャラクターに扮したケーキ姫は目立っていた。

 撮影の合間、道行く人からカメラを向けられると、快くポーズを決めるケーキ姫。実は彼女、生粋のオーストリア人でありながら、日本のアニメやアイドルにどっぷりとハマり、そのうち日本のアイドルグループの一員にもなったという異色の経歴を持つ。

続きはこちら 日経ビジネス 会員記事

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140714/268674/
5: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)21:25:45 ID:

女の子可愛い
3: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)21:08:08 ID:

俺のベッドなら何時でも空いてるよw
4: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)21:13:51 ID:

再優先でロシア幼女をなんとかしろよ
なんとかしてくれたらそこからは俺がなんとかするからさ。
7: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)21:31:49 ID:

売れるといいなあ
6: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)21:26:56 ID:

コンテンツ産業の売り上げはあまり芳しくない
8: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)21:39:35 ID:

ケーキは日本の事務所との契約終了して
オーストリアに帰ったばっかりだよ
10: SEVENNEWSTAR:2014/07/17(木)22:56:28 ID:

アニメはいいがオタク文化になったとたん輝きが無くなるのはなぜだ。
スポーツ的要素勢いがなくなるんだろうな。
11: 名無しさん@おーぷん:2014/07/17(木)23:22:05 ID:

アリだアリ。ありっちゃありガット。ごち