1: マザーグースφ◆FdDsU0B5ivx5:2014/09/23(火)18:06:21 ID:

エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

■エリート音楽家はみんな努力している

 2014年6月、『Psychonomic Bulletin & Review』に掲載された新しい研究結果によれば、「すぐれた音楽家は、その技能を獲得するために必要な長時間の練習ができるよう遺伝子にプログラムされている」という。米ミシガン州立大学心理学教授のザック・ハンブリック氏らによって発表された。

 音楽やスポーツなどの専門的技術の発達については、これまでにも「生まれ(遺伝)か育ち(環境)か」という論争が繰り広げられてきた。最近は「遺伝と環境が相互に関連している」とする説が有力だ。過去には、エリート音楽家は20歳になるまでに平均して約10,000時間も練習に費やし、普通の(エリートと呼ばれる域に達しなかった)音楽家より数千時間も多いという研究結果もある。生まれつき音楽的な才能に恵まれていても、大成するには努力が不可欠だとわかるが、今回の研究のユニークな点は、その「努力」さえも遺伝の影響を受けていると示唆した点だ。

■自分が「努力遺伝子」を持っているかどうか気になる

 調査は双生児850組を対象に実施された。行動遺伝学で「双生児法」と呼ばれるこの手法は、100%同じ遺伝子を共有する一卵性双生児と50%の遺伝子を共有する二卵性双生児を比較するというものだ。一卵性と二卵性では、遺伝の類似性に差異はあるが、育った環境は同じ。そこで、一卵性双生児のほうが二卵性双生児よりも似た性質を示せば、それは遺伝の影響がより強いためと推察できる。

 ハンブリック氏らは、名人級の音楽家は普通の音楽家よりもはるかに多く練習しているという調査結果を得た。そのうえで双生児法を用い、「より多くの練習を行う傾向は遺伝の影響も受けている」という結論に至った。

 今回の研究は音楽家を対象にしたものだが、もし勉強や仕事にも同じことが言えるとすれば、自分が「努力遺伝子」を持っているかどうか気になるところだ。突出した才能がなくても、せめて努力する遺伝子だけでも先祖から受け継がれていないものか...?過去の自身の行動を顧みれば、すでに答えは出ているのかもしれない。[アンチエイジング医師団 取材TEAM/監修:山田秀和 近畿大学医学部 奈良病院皮膚科教授、近畿大学アンチエイジングセンター 副センター長]


参考論文

The genetics of music accomplishment: Evidence for gene-environment correlation and interaction

DOI: 10.3758/s13423-014-0671-9

ミシガン州立大学ニュースリリース


http://msutoday.msu.edu/news/2014/rosin-up-that-bow-maestro-and-thank-your-genes/

続きを読む
http://www.j-cast.com/s/2014/09/23216302.html?p=2

2: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:10:03 ID:

神の采配。
3: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:25:49 ID:

結局は本人次第
貧乏馬鹿親クソ田舎でも大成してる奴はいる
4: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:29:34 ID:

椅子の数が極端に少ない椅子取りゲームの勝者にしか見えない
椅子取り続行したかどうかの話
5: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:37:16 ID:

まあ、生まれた所に「身近に偉人」がいると、目標になりやすいかな。音楽一家とか。

環境なんて、そんくらいだと思う。
7: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:50:22 ID:

生まれ持った才能と、本人の努力、この2つでしょう。

それから、努力遺伝子が存在するなら、それと真逆の怠け者遺伝子も、存在しそうですね。
8: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:57:33 ID:

「環境」だよ。
どんな天才でも未開のアフリカではモノにならない。
9: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)18:59:23 ID:

日本ってさ、神童はたまに見るけど、天才って居ないよね?
成人する頃には、なぜかみんな凡百に落ちぶれている
京大の望月さんみたいに、中高生の時点で留学でもさせた方がいいのだろうか?
11: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)19:05:34 ID:

出る杭は打たれるなんてありふれたことわざの通り、
時代やら流れやらに埋もれて芽のでないまま死んで行った各分野の天才て
きっと星の数ほどいるんだろうなあ…。
12: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)19:08:14 ID:

「天才!」の1万時間の法則が納得できるっすね
1日5時間打ち込んで1年300日で計算して1500時間
1万時間超えるのは7年後
一角のものになるにはこれが最低線
13: 名無しさん@おーぷん:2014/09/23(火)19:09:08 ID:

真の天才とは他人の理解を求めない孤高の存在
世間が天才と評価した時点で俗物である
例えばおしっこを遠くに飛ばす能力を持った千年に一人クラスの逸材がいたとして
世界は彼を評価するであろうか
真の天才は孤高を貫き埋もれていくのである
あ~でもオリンピック種目とかにしてみてもいいかもねおしっことばし競争
24: ケサランパサラン◆XWWxyP/7BYhA:2014/09/24(水)01:19:33 ID:

価値観が「カネ」に固定されていると、まあその路線の価値観しか持てない
25: 名無しさん@おーぷん:2014/09/24(水)01:26:28 ID:

つーか1日に10何時間も勉強したりピアノを弾いたりする人はそれが「努力」と思ってない