1: トラネコ◆EDwr815iMY:2015/02/24(火)14:58:11 ID:

教科書は間違い!? 「革命家」ではなかった織田信長の真の姿とは
2015/2/24(火)12:00 Excite Bit コネタ

信長の外交

「恐れる敵は誰もいない」という"魔王"的イメージを持つ信長だが、実際には諸勢力に対してどのように振舞っていたのだろうか。

1.敵大名との関係
 信長は戦国時代で初めて天下統一を目指した人物として知られる。そのため、武田や上杉、毛利など数々の大大名と戦った。また、当時は小大名であった信長が1560年の桶狭間の戦いで大大名今川家を破ったことを考えると、どんな強大な敵にも恐れず歯向かう印象も受ける。
 だが、実際の信長は、自分より相手が格上の場合は積極的に媚びて謙虚な姿勢を崩さなかった。例えば、上杉謙信へ信長が直接宛てた手紙では極端にへりくだった表現をしているし、武田信玄に対してはかなり立派な贈り物をするなど相手のプライドを損ねないよう苦心していたことが伺える。だが、織田家が力をつけて上杉や武田と対等になると、信長は互角に付き合う姿勢を見せるようになった。ここに彼の合理的考えが現れている。

2.将軍との関係
 教科書などでは、信長は15代将軍足利義昭を追放して室町幕府を終わらせた人物と書かれている。これだけ見ると信長が将軍に対して強硬な姿勢で敵対し、追放まで行ったように映るが実情はそうではない。むしろ信長は生ぬるい姿勢を崩さず、それが原因でかなり将軍に舐められていた。当初、信長は将軍のために新御所を建てるなど関係良好だったが、次第に将軍の勝手な行動が目に付くようになり激しく批判した。とはいえ、信長には排除する意思はなく、懸命に将軍を説得している。ある手紙では「将軍もこちらの考えを分かって下さるだろうか」と弱気な気持ちを明かしたほどだ。
 その一方、将軍の足利義昭は信長の弱い姿勢につけ込み最後まで抵抗した。信長が最終手段ともいえる天皇を動かして将軍と和睦したにもかかわらず、数カ月後には再び挙兵したほどだ。ここまで舐められながら、殺さずに追放のみで済ませた信長はやはり将軍に対して相当に甘い姿勢で接し続けたといえる。
 このように信長が将軍に対して強硬な姿勢をとらなかった理由を筆者は、世間からの評判(世論)を気にしたからではないかと述べている。従来の信長像から考えると世間からの評判を気にするという姿は意外ではないだろうか。

3.天皇との関係
 そんな世間からの評判を気にする信長は皇室を保護する姿勢をとっている。例えば、皇居の修理を行なう、皇太子の元服のための費用を献上したことなどだ。また、公家に対しても徳政令を出すなど経済的な救済を行なっている。信長は権威を気にせず天皇を軽んじたという説も見られるが、これらはかなり無理筋であり、実際のところは敬う姿勢を見せていたと言えるだろう。

4.宗教との関係
 信長といえば宗教を信じず、神仏を恐れないイメージが強い。確かに宗教勢力に対して相当に無慈悲な焼き討ちも行なったことは事実だ。だが、実際の信長は神に祈願することはあったし、寺院や神社に対して所領安堵や課役免除などの保護をする一面もある。
 では、なぜ信長は比叡山延暦寺などに対して無慈悲な焼き討ちを行なったのだろうか。これは単純に宗教勢力が「敵対したから」だ。現代とは違い、宗教勢力は鉄砲等で武装して諸勢力に歯向かうことも珍しくなかった。信長はそれらの敵対行為を受けて報復しただけである。信長は「味方をしたものに対しては保護し、敵対したものには報復」という他の大名も行なっていた常識的行動をとったに過ぎない。

 これらから見るに、信長は敵大名には力関係を見極め合つつ振舞い、将軍や天皇といった大きな権力には評判を気にして下手に、そして宗教勢力に対しても敵対さえしなければ保護もするという「革命家」とはかけ離れた常識的な姿が浮かび上がる。
(以下略)

詳細のソース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1464204

3: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)15:06:21 ID:

革命家って印象はないけどなぁ
合理化とかのイメージはあるけど
4: なななな、な梨:2015/02/24(火)15:23:48 ID:

無駄に敵を作るのは、愚か者のする事だろ?
大きく成れば、自然に敵も味方も増える。バカなの?
9: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:14:40 ID:

なんだかなあ
手紙の文面とか将軍の処遇とか
そんなん色々な事情があるんだから人物像を図れないだろと思う
10: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:17:13 ID:

やっぱ信長もおうだったかw
そうじゃないかと思ってたんだが確信した
12: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:22:22 ID:

源平思想(源氏と平家が交互に統治する)を踏襲してて
一時期「平」姓を名乗ってるんだよな

昔からのしきたりを大事にする人
13: リコ◆mKB71pjnaE:2015/02/24(火)16:24:17 ID:

信長の注目する根本政策は楽市楽座。

その行政実施の為、簡単に謀反が成功した。
悲しい出来事である。
14: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:26:46 ID:

戦国時代の出来事に関しては
天下泰平の江戸期に創作された話が史実のように通用してきたという長い歴史があるからな
15: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:31:48 ID:

>>14
戦国時代の話じゃないが忠臣蔵は酷いと思う

そーいえば秀長が陰に隠れてたのってなんでだろ
21: クロッチマン◆IkYAMCSlYo:2015/02/24(火)16:47:42 ID:

普段は人当たり良いがするべき事は断としてする
スケールが大きくなっても変わらないとか
有能の鏡やんけ
35: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)21:44:44 ID:

>>21
戦国の武将は基本的に有能だ。
何故ならば戦乱が続いていて勝ち残るということが武将としての条件だったから。
無能なら親に殺されることもあった。

信長の場合、幼い頃から平民と親しく、また平民の女と遊んだりしていた。
その影響もあって、「民」というものをよく知っていた。それと商人出身の
道三と親しかったことも影響している。

結果的にはそれが木下藤吉郎を抜擢し、結果的に秀吉から家康まで
平民の力を借りて国を発展させるというスタイルが生まれた。この信長
以降の貴族から民への流れが江戸時代以降も続き、日本の発展に大きく
左右した。それ故、大陸とは異なりこの時期の日本は西洋と同じく「近世」と
分類される。

19: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:44:41 ID:

革命家ってイメージと魔王ってイメージって特に近年
創作物の影響で強くなっただけな気がするが

まともに調べると信長ほど常識あって寛大で気さく
しかも洒落好きな領主も珍しいぞただ癇癪持ちではあるがw
22: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:48:19 ID:

>>19
人がいなかったとはいえ裏切っても許してくれるしな
弟には二度目はなかったが
23: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:52:26 ID:

>>22
そうなんだよな
だから去年の大河とかでも荒木一党に容赦無い魔王みたいになってたけど
本当はいつもの信長が裏切りや反抗に甘々だったから
荒木村重なんかも比較的軽い気持ちであんなことしたって下りが抜けてるんだよな

大体あの秀吉でさえ出撃命令に逆らうレベルだもんなw
30: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)17:14:09 ID:

そんな中国共産党みたいに世界同時武力革命!みたいなイメージされても信長が困ります
31: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)17:20:08 ID:

単なる田舎の喧嘩好きと誰かが言うのを聞いて、納得してしまった。
32: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)19:25:32 ID:

最近のイメージは完全に光栄の暴走だろwwwwwwww

家のじいさんが官兵衛での描写や配役に嘆いていたぞ?
39: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:23:12 ID:

信長は身内に謀反されても甘々だし
不具の乞食を哀れんで家を与えて村民に世話させたり
比叡山を焼き討ちする時には罰が当たらないか気にしたり
家臣の夫婦仲に気を使ったり
わりと良い奴
40: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:25:55 ID:

>>39
秀吉の嫁に送ったフォローの手紙とかかわいいよなw
41: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:31:40 ID:

>>40
秀吉に対する愚痴を聞かされてヤレヤレ顔の信長が目に浮かぶw
43: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:36:34 ID:

革命家…??
気短すぎて無駄を嫌うイメージならあるけど
カップラーメン五分のやつも三分でボリボリ食っちゃうイメージ
44: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:39:36 ID:

>>43
気が短かったら、長篠で武田軍に突っ込んでないか?
46: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:43:11 ID:

>>44
ぶっちゃけあの兵力差なら、突っ込んでも勝っていただろうな。
47: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:56:56 ID:

気が短いのは家康。
信長は慎重派だし、かなりの策略家だよ。
金ヶ崎の退口も真っ先に逃げて、殿の秀吉の撤退が素早く行えるように配慮してる。
48: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)22:58:49 ID:

>>47
確かに特に若い頃なんかの家康は突っ込んでいくイメージだな
49: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)23:05:52 ID:

>>48
家康「浜松城近くを素通りしようとした信玄に、突撃して破れ、ウンコ漏らしましたが何か?」
56: 名無しさん@おーぷん:2015/02/25(水)00:54:57 ID:

信長が博打やったのは桶狭間だけ
脚色されたエピソードによって破天荒で奇策を好むなんて印象が先行したせいだろ
革命家なんて程遠いくらいガチガチの慎重派だったろうに
58: 名無しさん@おーぷん:2015/02/25(水)01:10:16 ID:

>>56
田楽狭間にしたって
今川方からは織田の動きが逐一見えてたんで
奇襲でも何でもないんだよなぁ

今川方の完全な慢心
59: 名無しさん@おーぷん:2015/02/25(水)01:17:48 ID:

桶狭間はだまし討だって、何かで読んだが。
織田側が降伏する旨を今川に送り、今川は祝勝を田楽狭間で
あげてたら攻撃されて討ち取られたとか。

慢心ちゃ慢心だが。
20: 名無しさん@おーぷん:2015/02/24(火)16:46:57 ID:

髑髏の杯で乾杯しよう