1: とらねこ◆EDwr815iMY:2015/04/22(水)22:44:25 ID:

実は史料がほとんどなくて謎だけど、歴史上の有名人5選
2015/4/22(水)17:55 マイナビスチューデント

 歴史の研究が深化して、通説を疑う説が多く登場しています。「聖徳太子って本当にいたの?」なんて話は皆さんもご存じなのではないでしょうか。実は、みんなが知っている歴史上の人物なのに史料がほとんど残っていない、という人はけっこういるのです。

■織田信長の正室「濃姫」は謎の人

■石田三成の名臣「島左近」は謎の人

■軍師「山本勘助」は謎の人!

■信長に仕えた黒人「弥助」は謎の人!

■名前がダジャレばっかりの「尼子十勇士」!

 「我に七難八苦を与えたまえ」と月に祈ったという「山中鹿介(やまなかしかのすけ)」という武将がいました。戦前は必ず道徳の教科書に出ていた人ですし、また『ドラえもん』の中でパパがのび太君に説教するシーンで引用されるので、現在でも知っている人は多いでしょう。

 この尼子氏に仕えた山中鹿介(山中幸盛)という人は確かに実在したのですが、尼子家に仕えた十勇士というのがいたことになっていて、その実在が極めて怪しいのです。十勇士の名前を挙げてみましょう。

山中鹿介(やまなか しかのすけ)
五月早苗介(さつき さなえのすけ)
秋宅庵助(あきあげ いおりのすけ)
尤道理助(もっとも どうりのすけ)
寺本生死助(てらもと せいしのすけ)
薮中荊助(やぶなか いばらのすけ)
植田稲葉助(うえだ いなばのすけ)
今川鮎助(いまかわ あゆのすけ)
横道兵庫介(よこじ ひょうごのすけ)
深田泥之助(ふかだ どろのすけ)

※……山中鹿介以外のメンバーは資料によって異なります。

詳細のソース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1557789

14: 名無しさん@おーぷん:2015/04/22(水)23:27:55 ID:

結局聖徳太子は実在したのかいなかったのか
19: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)02:09:28 ID:

その人は古事記などの文献も法隆寺などの物品も充分残ってるんだけど
何故か居ない居ない言われまくる可哀想な人
22: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)05:20:51 ID:

>>19
いや、所謂数々の業績を残した「聖徳太子」なるものが
存在するかしないかって話だろ
39: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)10:32:26 ID:

>>22
古事記に書かれたそのままの人物ではないと思われる
ただし実在する人物であると思う
何故なら否定をすると古事記等の脚色以上の新たな矛盾を孕んでしまう
というかどの時代のどの人物にも記録に矛盾の一切ない人物などほとんど居ない
たった70年前の戦争の事ですら今まさに歴史解釈において矛盾を孕みまくってるんだから
20: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)03:47:45 ID:

いまの小学校じゃ架空の人物だと教えているらしいよ
30: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)07:40:44 ID:

聖徳太子は存在そのものが怪しい。

旧1万円とかに書かれていた肖像画は平安時代に
書かれたもので本人ではない。

飛鳥時代の政治情勢を考えると20代の若造が
朝廷の要職に就き、様々な改革を実行することは不可能。

と色々、矛盾することがあって実在しない?説が有力になってる。

まあ、正確なことは解らない と言うのが正しい。
24: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)05:49:28 ID:

生涯がはっきりわかっている人の方が珍しい。
21: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)05:13:37 ID:

山中鹿之助は実在の人物で戦国期でも十指に入るほどの豪傑
ただ活躍した頃はすでに尼子氏が没落を始めた頃
毛利の諜略に引っ掛かり新宮党を粛清したのが尼子氏の運のつき
23: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)05:47:30 ID:

山中幸盛(鹿之助)の長子山中幸元は鴻池で酒造業を起こし、のちの鴻池財閥となったことを付け加えておきたい
25: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)05:53:47 ID:

>>23
こマ?
知らんかったわ
鴻池って江戸自体からすごい商家ってイメージだからてっきり堺あたりの起こりかと…
26: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)06:00:16 ID:

>>25
マジだよ
落ち目の尼子家を復興させようと奔走するも叶わなかった親父と、不遇の青少年期を過ごした息子のドラマチックな人生だな
35: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)10:13:39 ID:

蘇我馬子
中臣鎌足

どちらも出自がはっきりしないが、
蘇我氏は功績を削られ、中臣鎌足は功績を盛られた形跡がある
36: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)10:19:58 ID:

中臣鎌足は百済の王子扶余豐璋説が有力だと思う
そうなると日本は古代から国を乗っ取られてたことになる
尚、百済は倭人が住んでいて同属だからそれでも良いという問題ではない
37: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)10:27:21 ID:

>>36
そう、それ
政権取って、主だった行動が百済派兵しかないのよね
日本の武力で百済王室の再興を目指した可能性がある
40: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)10:32:32 ID:

聖徳太子がトルコ人だって番組を昔やってたな
47: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)11:04:28 ID:

聖徳太子のモデルになった人物がいて
その人が祟り神にならないように
法隆寺作ったりゴージャスな諡(“聖徳”太子)送ったり
功績盛り盛りで記録したんでしょ。
聖徳太子のモデルは誰か?
という疑問と
聖徳太子は存在しなかった
という主張は似て非なるものだと思う。
54: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)11:54:58 ID:

卑弥呼
名前すら分からない。
王に「卑(いやしい)」を使うとは考えられないので、中国が他国を蔑むために付けた名前であり
単に「ミコ」ではないかという説が有力。
55: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)11:56:09 ID:

巫女の語源って卑弥呼から来てるのかな
58: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)12:15:05 ID:

信長に支えた黒人って最近になってビックリ豆知識的に登場しただろ
歴史上の有名人扱いしていいのか?
60: 名無しさん@おーぷん:2015/04/23(木)12:34:35 ID:

>>58
歴史好きは前から知ってたけど
資料が少なすぎて考察の俎上に上がってこなかった

有馬方にいた大砲使いの黒人武将も、他の記録が全く無いし
78: 名無しさん@おーぷん:2015/04/24(金)18:47:17 ID:

ちょっとまて
>■信長に仕えた黒人「弥助」は謎の人!
これに関しては江戸時代中期だかに物語として登場しただけの人物だろ?
実際にはいなかった説が有力、というか定説だと思ってたが
・・・いたのか?
81: 名無しさん@おーぷん:2015/04/24(金)18:52:21 ID:

>>78
一応、フロイスの記録にも黒人の話が出てくるよ
85: 名無しさん@おーぷん:2015/04/24(金)18:57:36 ID:

>>81
まじか・・・
てっきり想像上の人物だとばかり思ってたわ
107: 名無しさん@おーぷん:2015/04/24(金)20:25:49 ID:

蘇我氏が滅んだ時に多くの文献が失われたと言う。
滅ぼさなきゃよかったのに。誰だよ余計なことしたのは。
110: 名無しさん@おーぷん:2015/04/24(金)20:37:24 ID:

>>107
蘇我氏は功績があって、非は天智天皇側にあったって説があるね

蘇我氏の館は守り難い場所にあったから、攻められない程度の人徳はあったと考えられるし

何より、蘇我氏は死後祟ってる
日本では祟るってのは、祟られる側に後ろめたい事があるって事なんだよね
128: 名無しさん@おーぷん:2015/04/24(金)21:03:43 ID:

風車の弥七