1: ◆qQDmM1OH5Q46:2015/10/27(火)09:35:02 ID:

 1587(天正15)年、九州を平定した豊臣秀吉は、京都の北野天満宮で「無礼講の大茶会」を開催した。世にいう「北野大茶会」である。

『北野大茶湯之記』という史料によれば、秀吉は「身分は構わぬ。茶好きは集まれや。わし自らが茶を立てる。茶がないなら、麦こがしでもいい。中国や朝鮮、世界中から集まれ」と言ったという。

 そして、約2万坪の広大な敷地に茶人たちが集った。このイベントの目玉は、秀吉が来客者に直接お茶をいれてくれる“抽選会”だ。秀吉秘蔵の茶器も公開され、時代を代表する茶の湯のスター・千利休をはじめ、津田宗及、今井宗久など錚々たる顔ぶれが参加している。

 しかし、10月1日から10日間の開催と予告されていた大茶会は初日で終了し、翌日未明には後片付けが始まっている。

 なぜ、北野大茶会は突然終わってしまったのだろうか。今回は、この謎を解く鍵に迫りながら、茶会を振り返ってみたい。以下、有力とされる7つの説を検証していこう。

(略)

(7)秀吉のアルツハイマー病説

 作家・津本陽氏と脳神経外科医・板倉徹氏の対談本『戦国武将の脳』(東洋経済新報社)の中で、晩年の秀吉はアルツハイマー病の疑いがあったことが言及されている。

 津本氏が、伏見城が大地震に襲われた後の秀吉の奇妙な態度や、朝鮮出兵で確認された一貫性のない行動、感情の起伏などについて指摘すると、板倉氏はこう発言した。

「秀吉は、小さな脳出血を起こしていたという可能性はありますね。それがもとで、脳血管障害性認知症だった可能性もあります」

 秀吉の晩年の行動には、アルツハイマー病の兆候があったのだ。その秀吉が、10日間の開催予定を忘れたり、異常な判断によって茶会の継続が困難になっていたとしたら、どうだろうか。

 この説は、脳の病によって徐々に制御が利かなくなる権力者と、それに翻弄される人々という構図を思わせ、背筋が寒くなる話である。


以下略 全文 infoseek楽天/Business Journal / 2015年10月27日 6時0分 全3ページ
http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_169481/

4: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)09:55:39 ID:

初日やって飽きたんだろう
2: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)09:42:48 ID:

洋の東西を問わず、権力者が晩年に暴君と化すのが脳系の障害の影響だったってのはありそうな話だわな
ローマの皇帝ネロも、当時貴族の間で流行ってた鉛の器で酒を飲む行為の影響で、鉛毒が脳に回った可能性が示唆されてるし
3: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)09:53:10 ID:

伏見城の地震や朝鮮出兵と1587年じゃ時間が開きすぎている
ボケ説とかは前からあるが、この頃はまともだろう
5: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)09:56:28 ID:

どうせまた利休と喧嘩して臍を曲げたんやろ
6: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)10:01:40 ID:

そういえば、へうげものでそんなイベントでてきたわ
古田織部が木の上から落ちて恥かいた奴

あの時代奇行比べでいったら秀吉なんか全然普通な気がするけど、細川とか福島のが狂ってるし
それでも秀吉にアヤつけたいのはやっぱ朝鮮脳なのかね
7: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)10:37:49 ID:

秀次に謀叛の濡れ衣を押しつけて、処刑したのもアルツハイマーが原因の被害妄想?
でも、真相は闇の中なんでしょう?
8: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)10:39:37 ID:

北条氏康も晩年は脳疾患で息子の判別がつかない状態だったし
上杉謙信も脳溢血が原因で急死したとされる

後継者問題などで晩年の秀吉はネガティブな評価が多いが
さすがにこれはこじつけ気味だし、後継者問題についても
上杉が御館の乱で自滅したり、二代目で滅亡した有力大名達を
見てきた立場にとっては他人事ではなかったろう
11: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)15:59:36 ID:

秀吉の晩年のあれこれは痴呆症説や梅毒説あるから今更ではなかろうか
>>8
謙信は最近だと胃癌or食堂癌説が有力になってきてないかな
死ぬ前げっそり痩せたらしいし
13: 名無しさん@おーぷん:2015/10/27(火)18:40:09 ID:

奇行続きの前田某は70歳まで生きてた。
前田某は秀吉の前で猿真似して激怒させているから、その時に血管が切れたんじゃね?
15: 名無しさん@おーぷん:2015/10/29(木)09:15:39 ID:

馬にのってあっちこっち行っていたので、脳が揺さぶられパンチドランカーみたいな
感じだった。
と高校の先生が言ってたのを思い出した。

18: 名無しさん@おーぷん:2015/10/29(木)20:39:10 ID:

毛沢東の暴走も精神疾患って話があるな
19: 名無しさん@おーぷん:2015/10/29(木)22:32:57 ID:

>(2)“人間ミキサー”疲労説
>当日の客数を『兼見卿記』に従い803人とすると、千利休らを含め4人で臨んだとしても、1人当たり200人はさばかなければならない。いずれにせよ、相当な負担だったことが予想される。

普通に考えりゃこれでしょ。
茶の湯の事は知らないからガバガバな計算だが一人3分としても10時間かかるんだろ?
どこぞのアイドルの握手会より過酷な事を秀吉が10日もするわけないじゃん

20: 名無しさん@おーぷん:2015/10/29(木)22:56:19 ID:

無茶でした