1: 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:2016/05/07(土)15:55:24 ID:

○「士農工商」という言葉が教科書から削除されているとネット上で話題となっている。

もともと身分を表す言葉ではなかった?
かつて、日本の教科書や書籍などには、江戸時代の身分制度を表す言葉として「士農工商」という言葉が載っていた。

最近の研究でこの「士農工商」という身分制度が存在しないことが明らかになり、
今は教科書からも削除されているとネット上に投稿され、衝撃が広がっている。

「士農工商」という言葉は、もともと中国の古典で「すべての職業」「民衆一般」という意味で使われていたという。
2000年頃から教科書から消えた
「士農工商」という言葉は、いつ頃教科書から消えたのだろうか?
東京書籍のHPには、近世諸身分を単純に「士農工商」とする捉え方はなかったことや、
武士以外の身分については上下・支配関係はないといった見解から、
平成12年度から「士農工商」という記述をしなくなったと書かれている。
農工商を使わなくなったことに関連して、平成17年度の教科書からは「四民平等」の用語も使用しなくなったという。

○ネット上に驚く声が続々
「士農工商」という身分制度が今の教科書には載っていないという投稿を受けて、ネット上には反響が殺到。

○他にも教科書には多くの変更点が
教科書の記述が変更されたのは、「士農工商」だけではない。

以前は「村人」と記述されていた身分は、平成9年頃から「百姓」と表記されるように。
「百姓」は「一般の人々」という意味で、百姓身分には漁業や林業に従事する人々も含まれるという。

十七条の憲法や冠位十二階を制定したとされていた「聖徳太子」は近年、「聖徳太子(厩戸王子)」や「厩戸王子」と表記。

「いい国(1192年)つくろう鎌倉幕府」という語呂合わせが有名な鎌倉幕府の成立は、近年1192年でないという説が有力になっており、現在では「いい箱(1185年)つくろう~」という語呂合わせが使われている。

「島原の乱」と言われていた大規模な百姓一揆は、近年「島原・天草一揆」と言われるように。


◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
irorio 5月2日付け
http://irorio.jp/nagasawamaki/20160502/318698/

2: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)15:59:41 ID:

士>農=工=商ってことだろ
3: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:04:15 ID:

士は武士
農は捏造されたもので「百姓」が本当
工商は都市部の人を差す言葉
ちなみに「百姓」は都市部以外のひと1を差す言葉です
6: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:10:30 ID:

松竹梅とか三寒四温みたいな事か
8: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:14:12 ID:

穢多非人はあったことにして利権は継続するのかな
9: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:17:44 ID:

少なくとも、明治政府が「四民平等」をスローガンに掲げていたのは事実だろ
と、いうことは当時の人間も、「士農工商」を認識していたって事じゃないのか
士農工商って言葉が存在していなかったのなら、そもそも最初に教科書に書いた学者は
どこからその言葉を出してきたんだ?
10: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:21:28 ID:

>>9
中国の史書にある言葉です
12: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:27:14 ID:

歴史の教え方が変だったんですよ
江戸時代の農民は重い年貢に喘いで米の飯が食えなかった自体が嘘ですからね
比率で言えば全人口の8割が農民と教えられたはずですが、
その8割が作った米を誰が消費したのかが抜けているのです
16: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:49:01 ID:

かつて百姓が差別表現だと言われてた時期が在った
でも農家の人達は自分の事を百姓って普通に自称してたんだよね
じゃあ差別だと騒いでたのは誰だろう?
あとは言わなくても判るよな
19: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:57:35 ID:

「部落」が差別表現に変わったように「百姓」も差別やからな
どれだけ差別が好きなのかね
20: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)16:59:07 ID:

頼朝や信玄や尊氏の肖像画も実は別人のものだったことも明言しないといけないな
27: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)17:27:00 ID:

「鎖国」の歴史も崩壊してるしね
歴史教育自体に見直しが必要かもね
28: FX-502P:2016/05/07(土)17:31:36 ID:

歴史教育そのものを見直すより
教師の思想を取り締まったほうが早いと思う
29: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)17:37:37 ID:

百姓=農家だろ?
漁師も木こりも百姓で括るのは大雑把過ぎやろ
百姓にも土地を貸し出してる豪農も居たしな
30: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)17:40:43 ID:

>>29
もとの意味は漢字を見れば判るでしょ
百の姓ですよ
31: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)17:55:28 ID:

自分が理系だからかもしれんが
こういう歴史的な事実が学者の解釈で変わるの見ると
心がもにょっとする
35: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)18:08:02 ID:

ついでに縄文と弥生って土器模様の区分だからね
弥生人は後からやって来たは大嘘なの

38: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)18:12:51 ID:

身分制が無いのはわかるが、国の根幹産業である以上「農」は士の下の位置づけ。
これは教科書に入れるべき。
四民平等=民衆一般は、むしろ広めるべきで、抹殺すべきでない。
抹殺したい理由は何か?
43: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)18:18:52 ID:

30年位前までに、100歳の人に聞いとけばよかったのにな。
48: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)19:02:24 ID:

農家の家系が語り継いできたことがすべてだわ
学者の意見なんてあてにならん
52: 百鬼夜行:2016/05/07(土)19:50:12 ID:

200年後の日本の教科書に、
戦後の昭和、平成時代には、
「正規社員、契約社員、非正規雇用、フリーター、ニート」
の、身分制度があったと認識されるようなものなのか?
54: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)19:55:57 ID:

教科書をこれだけ堂々と改変するということは、国立公文書館とかあちこちの官公庁関係の資料館に保存されている歴史資料がかなり消失している可能性があるな。
ほら見てごらん、どこにもそんな資料はないよと言い出しそうだ。
江戸時代の武家諸法度とかの資料もないかもね。
56: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)20:20:54 ID:

世界史の内容はたいして変わってないみたいだな
大変めでたい
一生懸命勉強した甲斐があった
68: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)20:55:59 ID:

世界史を見ずに日本史を理解させる教育は止めるべき
辻褄が合わないから判らなくなる
92: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:03:16 ID:

へぇ…そうなんだ
まあピラミッドを奴隷を酷使して作ったってのも
どうも違うらしいって話だし
よくよく調べたら違ったって事はあるのかもしれんね
103: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:27:02 ID:

日本人はなんでも兼任だからなぁ
境目、狭間に住む人たちにとっては、区切り無しは困るんだろうな
105: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:32:36 ID:

武士にしてみたって食べるものや武器作ってくれる百姓や職人を大事にしないと戦もできないんだぜ
生産性のない商人より物づくりをする農や工が上位にくるのは当たり前だよ
107: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:35:57 ID:

江戸時代、農民の生活実態。
・早起きして農作業
・日没後は藁を編んで、草鞋作り
・農機具の作製、修繕
・市場で販売
・薪拾い

豪農は小作人を多数抱えて、大規模農園を経営。
実は厳しい年貢を取り立てていたのは豪農。
108: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:41:03 ID:

>>107
年貢とはお上に納める税金のことだから小作人が払うものじゃないけどね
109: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:50:08 ID:

>>107
違いますよ
江戸時代ですでに市場経済が確立してます
重い年貢を課せば買い手である小作人が商品を買えません
需要と供給のバランスが崩れますのであり得ないんですよ
111: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:54:23 ID:

>>108-109
年貢は、村全体で納める。
小作人は、豪農を通して商品を買うから、バランスは崩れない。
112: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)22:55:33 ID:

歴史のテキストを万人向けに編纂すると
どうしても最大公約数的で無味乾燥なものになってしまいがち

自分から興味を持てた人が能動的に色々な史料や学術本等々に
接して有機的な史観を得るというのが本来理想的なわけで
44: 名無しさん@おーぷん:2016/05/07(土)18:22:53 ID:

大学受験で日本史を選ばなくてよかった
間違いだらけの日本史を覚えなくてすんだもの