1: ◆qQDmM1OH5Q46:2017/01/14(土)18:58:57 ID:

日本のライトノベルのタイトルが長すぎ! 翻訳者が怒り出すレベル=中国メディア

(略)

 記事は日本のライトノベルについて「若者をメイン読者とした、新しいエンターテインメント性のある文学作品」
と紹介。かつて、そのタイトルはシンプルで覚えやすいものが主体だったが、
「最近のライトノベルのタイトルは逆にどんどん長くなっており、もはや天に達するのではないかという勢いだ。
翻訳者のプレッシャーも山の如く大きくなっている」とした。

 そして、このほど電撃文庫のサイトに「縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに
失敗して引きこもりと化したので、俺が青春(ファッション)をコーディネートすることに。」という
69文字(スペース含まず)のタイトルを持つライトノベル書籍の新刊情報が出現したことを紹介。
「一体どうやって表紙にこのタイトルを押し込むのか。そして書店のデータベースに登録できるのか」と疑問を呈している。

 記事はこのほか、長いタイトルのライトノベル作品として「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」、
「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました」、
「男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を締められている。」
などを挙げた。そして、それまで短めなタイトルが多かった流れを変えた分水嶺的な作品が
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」であると伝えた。


続き サーチナ
http://news.searchina.net/id/1627097?page=1

2: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:00:13 ID:

確かにタイトルは首を傾げることも多いよ。でもな・・・

翻訳者の都合なんざ知るかボケw
3: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:02:07 ID:

翻訳者の語学的センスがないだけ
4: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:06:18 ID:

勢いで書いた作品が賞取っちゃってタイトル変えたかったけどできなかったと言ってる作者がいた
何だかんだでそういうタイトルの方が売れるのかね
6: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:13:18 ID:

>>4
こういうタイトルが流行る前の話なんだけど、普通のタイトルにしようとしたら担当が勝手にクッソ長いのに変えたって話があって
文句言ったけど聞き入れてもらえなかった。でも売れてしまってーって話もあったはず
もしかしたら同じ作品お話をしてるかもしれないんだけど、作品のタイトルが思い出せないw
5: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:08:19 ID:

どうせ翻訳許可取ってない海賊版だろ
7: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:14:49 ID:

試しに倍にしてみよう
8: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:19:06 ID:

中国人は日本のラノベにまで触手を伸ばしてきたのか
10: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:30:52 ID:

否応無くオタク化されてゆく中国人の憂鬱
11: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:38:15 ID:

海賊版翻訳されたくないなら
そこかしこにあっちでの禁句を「なんとか門」とか(隠しキャラ的に)
入れるといいかも
12: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)19:45:09 ID:

まぁ、そのままのタイトルにしたら無能翻訳家呼ばわりされるかも知れないからなw
15: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)21:19:37 ID:

俺の毛沢東が大躍進運動で大飢饉を起こしても核開発をやめずに全て他人のせいにして文化大革命というなの大粛清で乗り切って何でも名前に大をつければ良いと勘違いしているんだからね!
16: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)21:20:57 ID:

>>15
17: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)21:25:01 ID:

>「一体どうやって表紙にこのタイトルを押し込むのか。そして書店のデータベースに登録できるのか」

データベースのテキスト上限を増やすとかじゃダメなん??
表紙に押し込むのも装丁の腕の見せ所な気もするw
19: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)21:26:23 ID:

題名にケチ付けてる割には
翻訳難しそうな日本でしか通じないダジャレやギャグは
ちゃんと説明付けて翻訳してる
20: 警備員◆OQUvCf9K4s:2017/01/14(土)21:31:59 ID:

>>19
「布団がふとんだ~」をどう訳しているかのだろうか?
23: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)22:07:57 ID:

いや別に普通に翻訳すれば良いだけだろ
26: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)22:18:36 ID:

タイトルというのは簡潔明瞭で意味が深いのが好ましいのは確かだ。
「A Study in Scarlet」は「緋色の研究」と訳されているが、
実はいくつもの意味があって奥が深いんだそうだ。
27: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)22:47:46 ID:

そんな真面目に直訳せんでもええんよ。
ラノベのタイトルなんて大概ふざけてるんだから訳者のセンスで適当にやっていい。
むしろ原題より面白くしてやる、くらいの気持ちがほしい。
29: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)22:57:55 ID:

>>27
ランボーみたいに逆輸入されるくらいのやって欲しいね

てか、>>1にあるようなタイトルはチラ見した瞬間に興味失せるわ
流行もの真似てるだけの三流っぽい
30: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)22:58:18 ID:

べつにオマエラの為に流通してるものじゃないし?
そういうのも「日本の文化」なんだから口出しされるいわれはないな
31: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)23:02:02 ID:

嫌ならやるな。
32: FX-502P:2017/01/14(土)23:09:32 ID:

ゲームだとタイトルはアルファベットだと売れにくいんで、カタカナのほうがいい、なんて話もあったりするけども
ラノベでも内容そのままのほうがコアな(=金払いのいい)ファンを引き付けやすいのかねえ
まず、関心持ってもらわないと、あらすじすら目に留まらない可能性もあるし

が、しかし、ひねりのないタイトルというのもアレだのう・・・
36: 名無しさん@おーぷん:2017/01/15(日)00:13:40 ID:

天界を追放された彼女が
安住の地を求めて
門をくぐるとそこは俺の部屋だった。
37: 名無しさん@おーぷん:2017/01/15(日)06:57:28 ID:

中国人が翻訳に悲鳴あげてんのなんかどうでもいいが
ラノベのタイトルの長文化はウンザリ
また「俺が云々」「僕の云々」かよ、と
それを短縮した呼び名もまたイラッとする
38: 清正公◆JPFm9fq5dw:2017/01/15(日)07:04:31 ID:

俺妹だっけ、中国本土で発禁なの
39: 名無し:2017/01/15(日)07:20:45 ID:

「自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、
アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で
28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に海賊船に
助けられたヨーク出身の船乗りロビンソン・クルーソーの
生涯と不思議で驚きに満ちた冒険についての記述」
→「ロビンソン・クルーソー」
41: 名無しさん@おーぷん:2017/01/15(日)07:34:55 ID:

ここだけの話、映画のタイトルが邦題と原題が違うように
翻訳者は話の内容や原題などを考慮してその国の言葉で
相応しく「付け直す」こともある。
それが翻訳者の腕の見せ所でありセンスを問われるんだが。
文字数多すぎアルって切れる奴は直訳するしかできない
翻訳者としては能なしレベル。
28: 名無しさん@おーぷん:2017/01/14(土)22:50:09 ID:

縫!脱?変化!惨出学舎是篭女之那演出春福漢服是也
よしいけた