1: ◆qQDmM1OH5Q46:2017/02/04(土)20:55:19 ID:

<古文書>本能寺の変、仏教界は喝采「信長は清盛の再来」

◇愛知・豊橋の寺で発見 悪感情読み取れる

 愛知県豊橋市の金西寺(曹洞宗)に伝わる古文書に、織田信長を批判的に評した詩文が
引用されていたと島田大助・豊橋創造大教授(日本近世文学)や高崎俊幸住職が発表した。
島田教授は、仏教界の信長に対する悪感情が読み取れるとしている。


 文書は、寺を開いた月岑牛雪大和尚が江戸時代初期の1619年以降に書いたとされる開山記「当寺御開山御真筆」。

 その冒頭に、近江国(現在の滋賀県)出身で京都・東福寺の住持を務めた集雲守藤の
別号とされる江湖散人の詩文が引用されていた。詩文は、信長が明智光秀に討たれた
本能寺の変の翌月の1582年7月に作られたとみられる。

 詩文には「信長は京を鎮護して二十余国を領したが、公家をないがしろにして万民を悩まし、
苛政や暴虐は数え切れない」「(本能寺の変で)死亡して人々は拍手し、天下が定まった」
といった意味の記述があった。さらに信長について「黒ねずみで平清盛の再来」とする一方、
光秀を「勇士」と表現したとみられる記載も見えた。


続き Yahoo!ニュース/毎日新聞 2/4(土) 14:33配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000046-mai-soci

2: ミリヲタ相模川右岸:2017/02/04(土)20:57:17 ID:

魔王信長
3: 警備員◆OQUvCf9K4s:2017/02/04(土)21:03:26 ID:

日本史とは、坊主との戦いの歴史でもある。

坊主が五月蠅いから都を移そう
坊主が騒ぐから武士を雇おう
坊主が戦を起こすからヌッコロセ
坊主が騒がないように管理しよう

そして現代に至る。
4: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)21:28:37 ID:

本能寺の辺の真相は、光秀の子孫という人が書いたもので納得できた。
5: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)21:38:06 ID:

信長公を陥れさせたいだけやろ。
ひいては日本の偉人sage、そんなもんは腐れ出版界の古い手口やな。
7: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)21:46:38 ID:

明智光秀はお坊さんになって生き延びたとかって話あるしね

>>5
そんな陰謀論めいたことじゃなくて、織田信長は当時の人達にとってもかなり評価が分かれる人物だったんじゃないの?
9: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)21:49:35 ID:

戦国の世の中で立場が変われば評価分かれて当然やしね。
13: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)22:19:24 ID:

戦国時代の坊主は山賊と大して変わらん存在

そんな連中相手にさえ、講和を前提として動き
最大限の衝突回避の努力を重ねた信長の人物像は歪められすぎている
14: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)22:27:37 ID:

信長実は信心深くて神社に寄付したりしてんだよね
焼き討ちしたのは政治的に敵対したか生臭坊主
15: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)22:42:02 ID:

これを現代風に例えると、
「オッシャー!信長ザマアアアアアアアア!!!!」
「光秀GJ!」
「神降臨!」
「光秀なら抱かれてもいい」
16: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)23:04:45 ID:

>>15
なんか、ものっ凄くリアルに感じたw
17: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)23:11:31 ID:

金を貯めて私兵を揃え
淡海の海の通行税を徴収
朝廷に納税しない
他国に一揆を起こし治安を乱す
ノッブはやさしい
20: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)23:22:27 ID:

実は延暦寺を焼き討ちしたのは足利将軍の方が先。
信長が来た時には燃え残りの残骸しかなかった説がある。
22: 名無しさん@おーぷん:2017/02/04(土)23:27:49 ID:

本願寺を攻め潰そうとした信長
二つに割って相争わせて力を削いだ家康。
狡猾なのは家康かな。
25: 名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)00:25:00 ID:

当時焼かれた坊主どもは弱者の味方の振りをしたテロ集団だったんよね
テロリストを焼き払った人の死を喜んだテロリストってくらいの話だ