1: ◆qQDmM1OH5Q46:2015/12/15(火)13:47:43 ID:

 聖母マリアに祈りを捧げ、神への仲介を求める信仰は世界各地に見られる。人々にとっては堅苦しい教義よりも、母性愛、悲しみ、犠牲を象徴するマリアを通して信仰に触れ、奇跡を受け入れる方がたやすかった。

世界各地から寄せられる「聖母出現」の報告

 そんな聖母マリアの謎めいた存在感を増しているのが、世界各地から寄せられる、「聖母が出現した」という数々の報告だ。こうした体験をするのは、辺境や紛争地の貧しい子どもたちが多い。 1980年代、ルワンダで3人の少女の前に現れた聖母マリアは大量虐殺が起きると予言した。フツ系住民がツチ系住民を襲撃し、多くの人々が殺害されたのは1994年のことだ。

 聖母マリアはキベホやボスニア・ヘルツェゴビナといった紛争地にも出現し、危険を警告したり、癒やしの象徴となってきた。聖母の出現をきっかけに、病や障害が癒やされた人はまさに奇跡と驚嘆し、精神的な癒やしを得た人々の数となると、もはや数えきれないほどだ。

 聖母マリアを祭る巡礼地として名高いルルドは、フランス南西部のピレネー山麓にある小さな町で、いわば奇跡の量産工場だ。農家の14歳の娘ベルナデット(1933年12月8日に列聖)の前に初めて聖母マリアが出現したのは、1858年。それ以来7000件を超す治癒例が奇跡と主張されている。このうち公式に認められたものは、わずか69件しかない。


続き Yahoo!ニュース/ナショナル ジオグラフィック日本版 12月15日(火)11時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151215-00010002-nknatiogeo-sctch
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151215-00010002-nknatiogeo-sctch&p=2

3: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:03:27 ID:

幻覚でしょう?
4: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:05:21 ID:

>>3
願望だよ
5: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:07:55 ID:

イスラム教に改宗する人をつなぎとめたい苦肉の策?
EUは以前から結構多いみたいだし
6: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:13:12 ID:

ファティマの予言か
7: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:19:07 ID:

ほとんどの宗教はカルトやな(´・ω・`)
8: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:23:25 ID:

ユダヤ教徒「神よ、悩みがあるのです」
唯一神「申してみよ」
ユダヤ教徒「一人息子がキリスト教に改宗してしまいました」
唯一神「奇遇じゃな。ワシもじゃ」
9: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)14:49:50 ID:

均して勘定するとだいたい年一で出てんのか
ありがたみなくね?
10: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)15:32:17 ID:

母さんは処女で私を産んでからずっと聖母だからカップルを見ると血の涙を流すんだって大工が言ってた
12: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)22:13:45 ID:

聖母マリアへの信仰はいつから始まったのだろう。
新約聖書にはイエスの母マリアを信仰の対象にする根拠と
なるものはどこにも書いてないようだが。

それに母マリアを信仰するのならば父ヨセフも信仰して
あげないと不公平だろう。
13: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)22:14:05 ID:

>>12
だって血が繋がってないし……
16: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)22:20:05 ID:

欧州南、南米、ラテンな国はマリア様信仰だね。
14: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)22:15:47 ID:

UFOの目撃件数に比例する事案だな。
18: 名無しさん@おーぷん:2015/12/15(火)22:40:15 ID:

月刊ムーが黙っちゃ無いぜ
来月号に期待